本庶佑の年収(収入)はいくら?ノーベル賞受賞後上がる?今後どうなる(どうする予定)?

おめでたいニュースというのは、こういうことなんでしょうね!本庶佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞!ここでは、本庶佑氏の年収とノーベル医学生理学賞を受賞後、収入が上がるのか、今後どうなる(どうする)のかを取り上げます。

▼関連記事▼

いや~おめでたいニュースですね。暗いニュースが多い中で、本庶佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞。で、気になるのが、絶対に優秀としか思え...
地震や台風被害など災害のニュースの多い昨今、おめでたいニュースが入ってきました。それが本庶佑氏のノーベル医学生理学賞を受賞したとのニ...
スポンサーリンク

本庶佑の年収(収入)はいくら?

本庶佑氏の現在の年収はどうなるのでしょうか?まず、本庶佑氏の収入源となっているものを見ていきましょう。

先端医療振興財団の理事長

・先端医療振興財団の理事長= 推定年収1,000~1,200万円

まず財団法人の場合、理事の報酬は、一般的には、定款若しくは社員総会の決議によって決まります。

先端医療振興財団については理事長の報酬(年収)を明らかにはしていないですが、この推定年収の根拠として、データとして出ているのが次の点。

”年間収入額が「10 億円以上」の法人では、3割を超える法人で有給役員の平均報酬額が 1,200 万円以上である”事実。

先端医療振興財団は、年間収入額は確実に10 億円を超える法人と見られ、普通に考えて、その理事長を務める本庶佑氏の推定年収は1,000~1,200万円でしょう。

もしかするとそれ以上の収入(報酬)を得ているかもしれません。

静岡県公立大学法人の顧問

さらに、本庶佑氏は、静岡県公立大学法人の顧問も務めています。そちらの推定年収は、300~500万円程度ではないかと思われます。大学もれっきとした”法人”であり、通常はどの程度、その法人に貢献するか(1週間のうちどの程度”出社”しているかなど)などを判断材料として顧問料は決められます。

民間企業の場合の顧問料は月に20-30万円(年収300万円前後)の会社が多く、それを考えれば、本庶佑氏が顧問を務める静岡県公立大学法人から300~500万円程度の顧問料を得ていても不思議ではないでしょう。

この2つの法人に所属しているだけで、本庶佑氏は最低でも年収1500万円は受け取っておられるとみられ、収入のことを考えずに”好きなこと=研究”に打ち込める環境を得ているのは、羨ましいですね。

オプジーボとその他医薬品のライセンス料

そして、何よりもこの所得が大きいでしょう!ガン治療薬「オプジーボ」をはじめ本庶佑氏が発明してきた医薬品のライセンス(特許)料です。

一般的に、医薬品の特許使用料は売り上げ高の6%といわれています。そのうえで、2014年に発売された「オプジーボ」のこれまでの売り上げ高は以下の通り。

・ BMS社(米国ブリストル・マイヤーズ・スクイブ)売り上げ高 ⇒ 1兆1000億円

・ 小野薬品工業(共同開発)売上高 ⇒ 2177億円

この2社で、これまでの5年間で、合計1兆3100億円を売り上げているというわけです。

そのうちの6%が本庶佑氏のもとにライセンス(特許)料として入ると考えると、約790億円ものおカネがこれまでに入った計算に。凄すぎますね。単純計算で均すと、オプジーボのライセンス料だけで、本庶佑氏のこの5年間の年収は、158億円になります。

つまり、顧問料とか理事長報酬は、本庶佑氏のオプジーボのライセンス料と比べれば、ごくわずかしか占めていないことが分かります。

本庶佑の年収は?ノーベル賞受賞後どうなる(どうする予定)?

本庶佑氏の年収は、ノーベル賞受賞後上がる可能性が高いと思います。つまり、ノーベル医学生理学賞の受賞というのは、本当にごく選ばれし者しか手にすることのできない賞であり、言い方はアレですが、本庶佑氏の価値はより高くなったことは間違いないです。

財団法人といえども経営”をしなくてはいけないわけで、資金の調達という点でも、本庶佑氏のノーベル医学生理学賞の受賞はプラスにしか働かないでしょう。

本庶佑氏に是非参画してほしいと考えている法人や企業は多いはずで、その点を考えると、本庶佑氏の収入(年収)は、ご本人がそう思わなくても上がるはず。

ただ、当の本庶佑氏ご本人は、ノーベル医学生理学賞の受賞は喜んでいたとものの、1億円を優に超す「賞金は寄付する」と述べるなど、全くおカネや物質的なものにこだわりがない様子。

また、前述のように、オプジーボのライセンス料だけで今後巨額のおカネが手元に入るわけで、もはや使いきれない気も・・・。

さらに、本庶佑氏のこれまでの取り組みからして、おカネというよりは、むしろ研究にまい進されると思いますね。ご本人が述べているようにガンを完全に撲滅する世界も近いのかもしれません。これは期待したいですね。

まとめ

● 年収は、約1500万円の役員報酬+オプジーボのライセンス(特許)料158億円

 年収は、ノーベル賞受賞後上がる。しかし、すでに巨額の報酬を得ており、ご本人はそれほど興味がなさそう

本庶佑氏のノーベル医学生理学賞の受賞は素晴らしいですが、同時にノーベル賞の受賞者を輩出し続ける京都大学はスゴイなと思いましたね。

その底力を見せつけてくれたような気もします。いづれにしても、本庶佑氏には、引き続き研究で成果を上げて頂きたいですね!

▼関連記事▼

地震や台風被害など災害のニュースの多い昨今、おめでたいニュースが入ってきました。それが本庶佑氏のノーベル医学生理学賞を受賞したとのニ...
いや~おめでたいニュースですね。暗いニュースが多い中で、本庶佑氏がノーベル医学生理学賞を受賞。で、気になるのが、絶対に優秀としか思え...

♪気軽に読めるこんな記事もどうぞ♪ ⇒ 川内優輝(埼玉県庁)ボストンマラソン優勝!賞金に税金はいくらかかるの?瀬古利彦の時代の税金は?

格付けチェック2018・YOSHIKIの飲んだ5000円ワインとは?

西郷どん【鹿児島弁】・やっせんぼの意味と使い方とは

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする