上川陽子法務大臣・生涯SPは何年間でかかる費用(税金)は?何人が護衛する?クリスチャンの真相は?

オウム事件での上川陽子法務大臣の死刑執行の対応が有能すぎると話題になっています。そして、気になるのが、上川陽子法務大臣と家族には一生SPが付くのでは?という点。それらにかかる費用(税金)や何人で護衛するのでしょうか?また、上川陽子法務大臣はクリスチャンといわれており、その部分も今回の決定に影響したのでしょうか?

スポンサーリンク

上川陽子法務大臣・生涯spは何年間でかかる費用(税金)は?

おそらく、オウム事件をリアルタイムで見ていない世代の方にとっては、あまりピンとこないかもしれませんが、地下鉄サリン事件を含めオウムによって引き起こされた事件を経験してきた人にとっては、上川陽子法務大臣には一生SPが付いた方良いと思うはず。

さて、そのSPの期間ですが、現在上川陽子法務大臣は65歳ですので、普通に考えて15年~20年くらいは、SPが付くと考えられます。また、だれが警護するかですが、所轄の警察署という可能性も考えられますが、やはりこの件は公安マターな気も。

公安が中心となって、警護する可能性が高いのではないでしょうか?どのように警護するかですが、監視カメラはもちろん、定常的に2-3名体勢で警護する。目を配ることが考えられます。

なぜ、そこまで警護する必要があるかというと、一言、オウムによる報復措置が怖いからですよね。また、その怖さは、単に上川陽子法務大臣の命にかかわることではなく、オウム側の活動に弾みをつけてしまう恐れがあります。

実際、現在、オウムの後継団体は成員数を増やしているといわれ、その拡大に弾みがつくことになりかねません。

かかる費用ですが、別に警護をSPの会社に外注に出すことはしないはずので、詳細は分かりませんが、上川陽子法務大臣と家族を守るということになると、その規模もそれなりに大きくなるでしょう。というかSP専用のチームができるんじゃないかと思います。

家族・親族の人数・規模にもよりますが、年間約数千万円の費用がかかる可能性は十分に考えられます。

しかし、これは全然必要経費だと思います。これだけのマターを勇気をもって取り組んだ上川陽子法務大臣には、あってしかるべきものと思います。

上川陽子法務大臣がクリスチャンの真相は?

上川陽子法務大臣はカトリック信者といわれています。よく、愛を説くクリスチャンが法にもとづくものであれ、命を奪うの?ということもいわれるかもしれませんが、しかし、一方でキリスト教の本質は神の正義・・・

聖書の中には、”神の正義の行使により、悪を行う者たちが絶たれた記述”が多く見られます。つまり、悪を断つことは善を行う者を守ることであり、愛の表れともいえるわけです。

上川陽子法務大臣はある意味神に見習って正義に基づき、今回の決定に至った可能性もあると思います。

ですので、少なからず上川陽子法務大臣のクリスチャンというバックグラウンドは今回の決定に影響を与えたと思いますね。

まとめ

上川陽子法務大臣の今回の対応は、上川陽子法務大臣にしてみたら当然の対応だったのかもしれません。しかし、今まで二の足を踏んできた法務大臣の中では、とりわけ勇気のある行動ともいえますね。

少なくともオウムの後継団体と支持者が存在している限り、一生SPの待遇は当たり前のことだと思いますし、そうしてほしいと思いますね。

上川陽子法務大臣のキリスト教の背景も今回の決定に影響を与えた可能性は高いと思います。

今後、上川陽子法務大臣の安全がきちんと取り計らわれることを願います。

♪気軽に読めるこんな記事もどうぞ♪ ⇒ 川内優輝(埼玉県庁)ボストンマラソン優勝!賞金に税金はいくらかかるの?瀬古利彦の時代の税金は?

格付けチェック2018・YOSHIKIの飲んだ5000円ワインとは?

西郷どん【鹿児島弁】・やっせんぼの意味と使い方とは

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする