ボンビーガール・徳島から上京18歳美女の物件とは?3/13

好評!上京ガールです!! 徳島県の田舎から上京した18歳美女の物件探し・・・条件に見合った物件は見つかるのか? 渋谷で風呂・トイレ別で家賃5万円・・・(ボンビーガール3月13日)

スポンサーリンク

スペシャルボンビーゲストさん一人目は?

本日のスペシャルボンビーゲストさんは?

ドラマはどれも20%の視聴率超え・・ 最近は世間を騒がせており、そのお蔭でバラエティに引っ張りだこ。

そんなスペシャルボンビーゲストさんが住んでいたのが、吉祥寺からほど近い場所。でも、ゲストさんが幼いころに両親は離婚。

貧乏だった、ゲストさんがよく食べていたのが、玄米ごはんにマヨネーズをかけただけの「玄米マヨネーズ丼」・・・

でも、東京では物価が高いからと、田舎に引っ越したそう・・・ 引っ越し先は「屋久島」だった。

屋久島空港からほど遠い、”山”・・・ けもの道を歩くこと10分のジャングルの中に家があった。ボロボロの小屋のような家で、キッチンはかまどタイプだった。水道がないため、朝は近くの川からの水汲みから始まった。往復すること3回。

トイレは屋外に便器があるだけの作りだった。

また、食事といえば、海へ30分かけて歩き、”ベラ”という魚をよく食べていた。ちなみに、”ベラ”は地元の漁師は見向きもしない魚だそう。

ゲストさんたちにとってはご馳走で、丸ごと揚げて食べていたそう・・・

こんな生活を2年も送っていたそう・・・ その後、ジャングルから移動し、別の山の中に「Aフレームハウス」という家に住んだ・・ゲストのおじさんが作ってくれたそう・・・

でも台風で家は壊れてしまい、結局東京に戻ることに・・お母さんは色々な仕事を掛け持ちしてゲストさんを育ててくれた。

ゲストさん、お母さんを楽にしてあげたくて、高校に行かずに喫茶店でバイト。時給は950円だった。まかない付きだったのがうれしかったそう。

で、ゲストさん、その後、並行してライブハウスでキーボードの演奏を始めた。一回の演奏で7000円稼げたのがうれしかったそう。

ゲストさん、目指していたのはミュージシャンだったが、俳優としてスカウトされて、ドラマに出演するようになり、売れっ子になった。でも、だんだんと路線が変わってきて、「やんちゃ」に・・・

今、何かと世間をにぎわしているゲストさん・・・

いしだ壱成さんでした! いや~意外すぎる・・・

「自給自足の生活けっこう忙しいですよ。水を汲んで、火を起こして、ヤギの乳搾りして」といしださん。「サルはしょっちゅう出るし」と。スゴすぎます。

もう言うことがクレイジージャーニー風ですね・・・

▼みんな若すぎですね♪▼

  ↓↓↓↓↓

いしださん、結構苦労しているんですね・・・

ところで、石田純一さん、「養育費」渡していなかったんでしょうかね・・・

スペシャルボンビーゲストさん二人目は?

スペシャルボンビーゲストさん二人目は、30代の女優さん。

質素でつつましい生活をしており、いつも狭い寝室で家族「川の字」で寝ていた。

東京でスカウトされたが、その後に待っていたのが貧乏生活。

当時14歳だったからアルバイトもできなかった。

オーディションに落ちまくり、演技を磨かないとと思い演技学校に通い出したが、そこで斉藤工君と同期だった。

台東区の4万円代のアパートに住み、業務スーパーで買ったポテトチップスをつかってピザ風のもの?を食べていた。

住宅展示場に通っていた経験が。今でも住宅の雑誌を買っていつもみているそう。

今では人気の女優で、多数のCM出演をしている。。

そんなスペシャルボンビーゲストさんは、貫地谷しほりさんでした。

ボンビーガール・徳島から上京の18歳とは?

夜行便のバスで9時間かけて、四国の徳島県から、やってきたのは、ありささん(18歳)です。

上京してくるわけは、就職のため・・・渋谷にある超人気ファッションブランドの会社に就職する予定。親に負担はかけたくないから、自分で貯金してきたそう。

初任給が15-16万円だから、予算は5万円とのこと。

不動産屋さんへ

早速、不動産屋さんへ・・・外に出ている物件情報から見つけ出したのが29000円の物件・・・安すぎる・・・

それに惹かれて、店内へ。 渋谷駅周辺で「家から渋谷の職場まで30分くらいで通える」場所に探していて、「5万円くらいの家賃で、フローリングで、収納ありで、あわよくばバストイレ別がいい」と希望を伝えます。

池尻大橋駅の物件で35000円というのはありましたが、風呂なしだそう。

本人、「風呂なしはキツイ」と難色を示します。

ちなみに、この”安いけど風呂なし”などの物件を紹介するのは不動産屋さんのテクニックのひとつで、東京の物件事情の厳しい現実を知ってもらうため、なんだそう。

経堂駅周辺の物件も紹介してくれましたが、管理費込で56000円。予算は6000円オーバー・・・さらに、紹介された新築の千歳烏山駅の物件は駅まで徒歩14分。でも58000円。8000円予算をオーバー・・・

ありささん、この2件の物件を見てみたいと希望し、不動産屋さんと一緒に物件の内覧に向かいます。

物件内覧へ

さっそく、物件の内覧に向かいました。

まずは、56000円の経堂駅周辺の物件へ・・・ オートロックもついているし、とにかくキレイ。部屋は1階で、103号室。 で、室内に入って「コンパクトですね・・・」とその狭さにおどろくことに。

それもそのはず、リビングは、わずか3畳しかありません。「ベッドとテレビしか置けん」と難色を示します。

つづいて、新築の千歳烏山駅の物件へ。

イイ感じですね。やはり部屋は103号室。 「新築の匂いがする」と本人気に入っています。天井の高さも気にいったそう。

ロフトもついているので、本人も気にいっています。リビングは3.5畳あり、「さっきよりも広い」と。 トイレもバスとは別で、ウォッシュレット付き。

でも、洗濯機置き場が部屋の真ん中にあるという不思議な作りに、ありささん驚きを隠せません。

それにしても、なんでこんなユーザーの気持ちに沿わない作りにしてしまうかな~

基本「室内干し」だし・・・

で、家賃は58000円。

「築年数はもう少し古めでいいんで、安いところがいい」とボンビーさん。そりゃそうでしょ。。。

つづいて別の不動産屋さんへ

ボンビーさん「できれば(築年数はこだわらないから)6畳はほしい」と条件変更。吉祥寺のアパートを紹介されます。収納がないことを聞いて断念します。

で、続いて55000円の物件を紹介してくれました。収納付だそう。

今日はもう遅いので明日の内覧を約束し、カプセルホテル宿泊して次の日に備えます。

翌日

3件目の内覧へ行きます。 新築でないものの、55000円の物件に内覧しに行きます。

古めだけど、収納も十分にあり、ロフトもついていて、天井も高い・・・

小さいながらも、0.5畳のバルコニーもついていました。

でも、家賃が5000円予算オーバーなのが、やはり難色を示します。

さらに別の不動産屋さんへ

ここでは、副都心線の路線沿いの物件を勧めてくれます。地下鉄赤塚駅付近の物件で50000円の物件を紹介してくれ、すぐに内覧へ。

買い物ができるスポットも近くにあり、ボンビーさん満足そう。

ちなみに、ボンビーさん「髪は美容室にいかず自分でカットする」と話して、不動産担当者をびっくりさせていました。

築34年のアパートの角部屋で、靴箱があり、洗濯機置き場も室内にあり、バストイレ別。6畳なので広いですね。

でも、電車の音が結構します。それもそのはず、目の前に線路が・・・それが安さの秘密かも。やはり、電車の通る音がかなり気になり、断念します。

で、もう一件紹介してくれた、浜田山駅近くの築26年のアパートに向かいます。収納も十分で、靴箱は12足入り、キッチンの収納も多く、モニタ付きインタホンもあり、バストイレはユニットタイプ。室内洗濯機置き場もあります。

6畳の広さがあり、最近リフォームしたので、新築みたいなキレイさです。

女性限定の部屋で、家賃が46000円! これは決まりですね!

はいっ、決まりました!

良かったですね♪

東京での新生活頑張って欲しいですね!

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする