北海道地震・厚真町吉野地区(土砂崩れ下敷きの発生場所はどこ)とは?人口は?

9月6日未明に北海道で発生した地震の影響で厚真町で土砂崩れが発生、下敷きになっている方がおられる可能性があります。深夜に起きた地震でしたので、これは心配ですね。

▼関連記事▼

9月6日未明に北海道で起きた地震で各地で被害が発生しています。特に厚真町では住宅5軒が倒壊し、数軒で住人の方が下敷きになっているとの...
台風21号が去ったと思ったら、2018年9月6日に発生した北海道地震。とりわけ震度6強の揺れを観測した厚真(あつま)町の被害は甚大で...
ここでは、今回の「平成30年北海道胆振東部地震」で被害遭われた方々や地域に対して 「銀行振り込み」「Tポイント」「LINEポイント...
スポンサーリンク

北海道地震・厚真町吉野地区(土砂崩れ下敷きの発生場所はどこ)とは?

その北海道地震で土砂崩れが発生した場所ですが、TVで話されていた役場の方の証言から、厚真町・吉野地区と思われます。

厚真町役場の比較的近い場所ですね。

こちらが吉野地区のアップの写真ですが、山の下に結構な数の民家があることが分かります。

民家は、もっと少ないと思っていたので、これは心配です。

厚真町・吉野地区とは?人口は?

厚真町・吉野地区は、農業経営、お寺、街の小さな会社などがある地区のようです。

吉野地区を通る道(県道235号線)に沿って少し奥まった山の下に家があるのが分かります。

それにしても山と呼べないほど、その標高も低いですね。むしろ丘ないしは森に近い雰囲気です。この程度の高さで発生する土砂崩れで、家が下敷きになるというのは本当に怖いですね。

普段は地元の人がメインで行きかう静かな街という雰囲気ですし、夜になると真っ暗という光景なのかもしれません。

吉野地区の人口については、データが今のところ見つからないですが、上空からの写真を見る限りでは、せいぜい数百人程度と思われます。

▼関連記事▼

北海道で起きてしまった「平成30年北海道胆振東部地震」。大地震の発生の確率が非常に低いとみられていた北海道の厚真町、安平町、むかわ町...

まとめ

厚真町は、陸・海・空全ての交通アクセスに恵まれた利便性に優れた町として、かなり積極的に外部からの移住者を募っている街ですね。

実際に、その豊かな自然を売りに、子育てサポートや起業者への支援といった施策を打ち出しています。

ですので、厚真町の人口比率を見てみると、いわゆる外部から越してきた人も多く含まれる可能性が高いですね。また、町の受け入れ態勢もしっかりしていることから、もともと町にいる人と外部の人で調和も取れているのでしょう。

こんな穏やかで閑静な街で被害が出てしまいました。少しでも小規模の被害で収まることを祈らずにいられません。

▼関連記事▼

9月6日未明に北海道で起きた地震で各地で被害が発生しています。特に厚真町では住宅5軒が倒壊し、数軒で住人の方が下敷きになっているとの...
台風21号が去ったと思ったら、2018年9月6日に発生した北海道地震。とりわけ震度6強の揺れを観測した厚真(あつま)町の被害は甚大で...
ここでは、今回の「平成30年北海道胆振東部地震」で被害遭われた方々や地域に対して 「銀行振り込み」「Tポイント」「LINEポイント...
日本に甚大な被害をもたらした台風21号(チェ―ビ―)。しかし、早くも台風22号発生の予兆があり”たまご化”しています。それにしても今...
最近、日本のどこに住んでいても地震があるのを実感しますよね。地震に限らず防災は起きてから対応するのは、精神的・感情的に余裕がそもそも...

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする