川内優輝・プロ転向で今後どうなる(どうする予定)?東京オリンピック出場も?

ボストンマラソン2018で見事優勝を飾った“最強市民ランナー”川内優輝選手が、来年2019年にプロ転向することが明らかになりました。ちなみに、ボストンマラソンで日本人が優勝するということは、マラソンをご存知の方であれば分かると思いますが、「本当にスゴイこと!」です。

報道で何度も取り上げられていますが、ボストンマラソンで日本人が優勝するのは、あの1987年に優勝した瀬古利彦氏以来31年ぶりの快挙でもありますよね!

で、ここでいくつか疑問が・・・・

1. 川内優輝・プロ転向で今後どうなる(どうする)?

2. 川内優輝・目標は東京オリンピック(2020年)出場か?そもそも可能?

3. 川内優輝にスポンサーはつくのか?

関連記事 ⇒ 川内優輝(埼玉県庁)ボストンマラソン優勝!賞金に税金はいくらかかるの?瀬古利彦の時代の税金は?

川内優輝・愛用シューズ(練習&レース)と理由は?プロ転向でCM出演も?

ボストンマラソンで2位フィニッシュの無名看護師ランナーについてはコチラ→  サラ・セラーズ(Sarah Sellers)は麻酔科で出身大学は?年齢&独身?トレーニング方法は?|ボストンマラソン2018

こんな記事もどうぞ ⇒  設楽悠太・祝日本新記録で褒賞金1億円にかかる税金は?手元に残るのは?

スポンサーリンク

川内優輝・プロ転向で今後どうなる(どうする)?

おそらくマラソンにそれほど詳しくない方でも、頭の中によぎった疑問が「川内優輝・プロ転向で今後どうなる(どうする)?」という点じゃないかと思います。

これはひとことで簡単にいえば、「川内優輝選手は今後、スポンサーを募ってレースに出場」という流れになると思います。

そもそも今までが、完全に費用持ち出し(一部は招待選手扱いのレースを除く)で、レースに転戦してきたことでしょう。

それが今度は、スポンサーが付くことで、スポンサーが川内優輝選手の身につけるウエア、シューズなどの自社広告を入れることで、各種費用を負担することになりそうです。

個人的にはこの川内優輝選手のプロ化という動きは、「川内選手はやはり賢いな~」と思いました。

おそらく川内優輝選手はマラソン業界?の表と裏を知り尽くしてこの決定になったと思います。そしておそらく川内選手の脳裏にあったのは、マラソン女子の有森裕子(元)選手のことじゃないかな~と推測しています。

かつて有森裕子選手は、日本で初めてプロ宣言をしたマラソン選手でした。その目的は、自らの肖像権を、JOCや日本陸連から、自分で完璧に管理できるようにすること。

そうすることで、それまでTV出演やイベントなどの収入があっても一旦、JOCや日本陸連にそれらのギャラや出演料が支払われ、その後選手に還元という流れだったものを、自らがプロ宣言することで、自分でマネージすることができるようになり、それは選手にとって、収入増を意味し、メリットが大きくなるワケです。

そもそも肉体と精神を酷使するようなアスリートがトップ級にいられる期間は短く、プロ化することによって、言い方はアレですが、収入を増やして「稼げるうちに稼ぐ」ことができるようになります。

でも、それは選手サイドに立った場合、理にかなった決定に見えます。

で、話を川内優輝選手に戻して、川内選手の頭の中にあるのは、「来年2019年のプロ化前にスポンサーを募りつつ、定期的にレースに出場し、好成績を上げる。来年、公務員を辞めると同時にプロ化し、その後は、自分で出るイベントやTV出演、(そしてこれが一番大きいと思いますが)、CM出演を取捨選択していく」ということじゃないかと予想します。

それらから発生する出演料、ギャラは、どこかの事務所などに所属しないかぎり、すべて自分の取り分になるはずです。

川内優輝・目標は、東京オリンピック2020出場か?そもそも可能?

そして、2番目の点ですが、「川内優輝・目標は、オリンピック出場か?」という点ですが、もちろんそうでしょう。

そして、スポンサーをゲットできれば、今までは自分ですべて行っていたコンディショニングやトレーニングの環境確保などもスムーズにできるようになり、川内優輝選手にとっては、メリットが大きいはず。

今までのように、公務員勤務の合間を縫って各地のレースに転戦し、疲れの取れないうちに勤務といったスタイルをようやく卒業することができるはず。

川内優輝選手も年齢を重ねてきているので、この段階での決定は大きいはずです。

川内優輝にスポンサーはつくのか?

そして、3点目の「川内優輝にスポンサーはつくのか?」という疑問。

間違いなくつくでしょう。

川内優輝選手ほどインパクトのあるマラソンランナーも少ないですよね? 公務員をしながら、日本陸連などのサポートも受けず、好成績をたたき出す。

知名度は抜群ですし、何よりも大事なとくに人々の持つイメージもこれ以上ないほど良いものがあります!

これは検討するまでもなく、問題ないでしょう。むしろスポンサーが殺到するんじゃないかと思います。

まとめ

今後を見据えたときに、今、川内優輝選手がすべきなのは実力をより高め維持し、マラソンのレースで実績を上げ続けることだと思います。

一点懸念点は、その年齢・・・  そして年齢からくる、怪我やコンディション不良などではないでしょうか?

でも、これまでも良い意味で常識を打ち破ってきた川内優輝選手のことですから、きっと皆が思う以上の結果を出してくれると期待しましょう!

関連記事 ⇒ 川内優輝(埼玉県庁)ボストンマラソン優勝!賞金に税金はいくらかかるの?瀬古利彦の時代の税金は?

川内優輝・愛用シューズ(練習&レース)と理由は?プロ転向でCM出演も?

ボストンマラソンで2位フィニッシュの無名看護師ランナーについてはコチラ→  サラ・セラーズ(Sarah Sellers)は麻酔科で出身大学は?年齢&独身?トレーニング方法は?|ボストンマラソン2018

こんな記事もどうぞ ⇒  設楽悠太・祝日本新記録で褒賞金1億円にかかる税金は?手元に残るのは?

川内優輝・プロ転向で今後どうなる(どうする予定)?東京オリンピック出場も?

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする