格付けチェック2018・英女王が愛する高級天然水&お得な通販方法とは?3/27

芸能人の五感が超一流なのか、それとも一般人や一般人以下なのかが試されるのが、「芸能人格付けチェック」ですよね♪ 今回はガクトさんやYOSHIKIさんが出演しないのは、いささか残念です・・・(格付けチェック2018・3月27日)

関連記事 ⇒ 格付けチェック2018・YOSHIKIの飲んだ5000円ワインとは?

YOSHIKIはなぜ「銀座あけぼの」おかきが好きなのか?格付けチェック2018

この番組で明らかになるのが、いかにも普段一流のものしか口にしていなさそうな芸能人が番組後半には「カメラで写す価値なし」状態で姿が消えてしまっていたりして、「芸能人って、普段美味しいもの食べたり一流のものを見ているんだよね・・・?」という素朴な疑問を視聴者に起こさせるような部分だったりしますよね。

また一方では、やたら安いものも”匠的”な技法で、美味しく味付けしたり、視覚的に工夫することで、「普段一流のものばかり堪能している芸能人がここまで騙されるのか?」と思わされる部分が、個人的にはいつも楽しみです。

あと、食べ物系や飲みもの系は、やはり少量しか口にできないことや、アイマスクで視覚を封じられてしまうのが、解答者側からすると不利なのかもしれませんね・・・ 人間の視覚が果たす役割も大きいですよね。

といっても、一方では、この条件下で、個人記録を更新し続けるガクトさんは、やはりハンパないですね。その感覚のスゴサは常人じゃないです。ここでは、”ガクトさんやらせ疑惑とか”は脇に置いておきますね・・・

さて、今回の「格付けチェック2018」で出題される、英女王が愛す高級天然水」にスポットを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

英女王が愛す高級天然水」=”ヒルドン(Hildon)”

英女王が愛す高級天然水」は”ヒルドン(Hildon)”です。

「英国ロイヤルファミリー御用達」という響き・・・なんともいいですね~ 皇室にしてもそうですが、やはり「御用達」というワードに、選ばれし物の重みとか格調を感じますね。

さて、「英女王が愛す高級天然水」である”ヒルドン(Hildon) ”とは?ですね。

”ヒルドン(Hildon)”は、イギリス南部のハンプシャー州に広がる、美しい田園風景から採水されたナチュラルミネラルウォーターです。


その土地を特徴づけるのが、ハンプシャー州の田園風景の石灰丘で、その地下約120mの深部から自然ろ過された天然水を水源として直接ボトリングしているのが、”ヒルドン”の特徴です。

また、”ヒルドン”が採水される地域は、EUのナチュラルミネラルウォーターの規律に基づき採水地周辺の自然が保護されていることから、常に安定した成分が保たれているのも特長。


その歴史は比較的に新しく、源泉の発見は1989年です。しかし、それ以降、少量しか生産できないという希少な水でもあることから、プレミア感も強いですね。このあたりが、やはりこの水の貴重感を醸し出している部分ですよね。

”ヒルドン”には、青ラベル:Hildon Still(無発泡)と、白ラベル:Hildon Carbonated(発泡)の2種類があります。

それぞれの最適な用途など特長をご説明します。

ヒルドン ~ 青ラベル:Hildon Still(無発泡)とは

ヒルドン【青ラベル:Hildon Still(無発泡)】の持つ特長・・・それは、ミディアムボディの赤ワインや白ワインにぴったりのスムーズな口あたり

その口当たりや清涼感は、リースリングやシャルドネ種また、ライトボディの赤ワインとの相性も良いかと思われます。

さらに、樫樽熟成焼酎、シングルモルト・バーボン等の比較的「クセのある」タイプの酒類の水割りへの使用にも適しています。理由はアルコール成分の持っているいわゆる「カド」を中和するからです。

スポンサーリンク

ヒルドン ~ 白ラベル:Hildon Carbonated(発泡)とは

ヒルドン・カーボネーテッド(発泡)は、白赤関係なく、どのワインとも相性が抜群です。

また、カシスソーダやカクテルベース全般のソーダ割りに使うことで、やわらかな味わいに仕上がるのも特長。

さらに、『ハイボール』としての利用へも適しています。とくに非常にキメ細かな泡が、お酒の分子を覆うことで、お酒の香りと旨味を堪能できます。

口中へのさっぱり感を実現するので、当然のことながら、「食中水」としてもどんな料理とも相性が良く、利用することができます。

こちらが、”ヒルドン(Hildon) ”の成分表となります。もちろん、硬水ではあるのですが、ヨーロッパのミネラルウォーターによくある独特の苦みや、喉へのひっかかりを感じるような飲みづらさなどはなく、バランスの良いテイストが特長です。

(記事の引用元:水広場のサイト)

スポンサーリンク

”ヒルドン(Hildon)”はどこで飲める&買えるの?

”ヒルドン(Hildon)”がどこで飲めるかですが、リッツカールトン東京、ペニンシュラ東京またコンラッドホテル東京などで飲むことができます。

しかし、自宅で気軽に楽しめる方法・・・・それはやはり”通販”でしょう!

こちらでは、「送料無料」で配送してくれるのがうれしいですね。また、価格もお得だと思います。

前述のように、”ヒルドン(Hildon)”には「無発泡タイプ」と「発泡タイプ」の2種類のタイプがあるので、用途や目的に合わせて利用したいものですね♪

”ヒルドン(Hildon)”(無発泡タイプ)▼

↓↓↓↓↓↓↓

ヒルドン 無発泡 330mLx24本入り グラスボトル 【RCP】

 

”ヒルドン(Hildon)”(発泡タイプ)▼

↓↓↓↓↓↓↓

ヒルドン 発泡 750mLx12本入り グラスボトル  【RCP】

英女王が愛す高級天然水」である”ヒルドン(Hildon) ”・・・ それを自宅で気軽に楽しめるのはうれしいですね。

もちろん、硬水ですので、日本でいつも飲み慣れている水とはテイストや口当たりは違うでしょう。

しかし、野菜や食物でミネラルを摂取することが当たり前の軟水が特徴の日本とは違い、ミネラルウォーターでミネラル分を摂取するヨーロッパの習慣との違いも理解した上で、ワインなどと一緒に頂くことで、調和のとれた味わいを自宅でも気軽に楽しめるのはうれしいですね。

スポンサーリンク

まとめ

エリザベス女王の84歳のお祝いの祝賀パーティでも、参列者に振舞われたのが、この”ヒルドン(Hildon)”。 まさに、英女王が愛す高級天然水」といって良いでしょう。

現在では、世界の最高級ホテルで愛用されており、そのテイストだけでなく、その格調の高さを感じることのできるボトルデザインは、多くの人々に愛されています。

ヨーロッパの料理だけでなく、繊細な味付けの日本料理との相性も抜群なので、是非、試してみたいものですね♪

関連記事 ⇒ 格付けチェック2018・YOSHIKIの飲んだ5000円ワインとは?

YOSHIKIはなぜ「銀座あけぼの」おかきが好きなのか?格付けチェック2018

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする