てぃ先生の本名&年齢&保育園の場所は?やらせで嘘っぽい?|Rの法則12/6

10代憧れの職業のひとつが保育士。その保育士である「てぃ先生」が今話題に!「てぃ先生」は少し前までは素顔を出していませんでしたが、今では素顔の画像も普通に出回っています。また、ツイッターで発信するなど、その発言も注目を集めつつあります。(Rの法則12月6日)

では、そんな「てぃ先生」の本名や保育園の場所はどこなんでしょうか?一方で、ツイッターでの発言などから何となく自演で嘘くさいと感じている人も中にはいるようですが、その素顔はどんな感じなんでしょう?

スポンサーリンク

「てぃ先生」の本名&年齢&保育園の場所はどこ?

保育士の「てぃ先生」ですが、まず本名を明らかにしていません・・・ただ、「てぃ先生」とはT先生から来ているのではという憶測があるため、もしかしたら、名前がアルファベットのTからはじまるかもしれません。

年齢は、30代ということです。

ちなみに、「てぃ先生」は、少し前までは素顔もさらしていなかったため、「エアー保育士」では?との噂もあったくらいでした。

今の時代SNSが発達しているので、比較的こういった個人情報は漏れやすいですよね♪でも 「てぃ先生」・・保育士として、よほど同僚や父兄たちとの間でも信頼関係で結ばれているのではないでしょうか?

さて、「てぃ先生」は勤務している保育園の場所についても公言はしていません。しかし、ツイッターの発言を拾っていくと、いくつかのキーワードから、ある程度は推測できるかもしれません。

(「てぃ先生」の働く保育園の)園児が上野動物園に行く

駅まで歩いていける & 駅でイベントをやる

大学生がうろついてるエリアとのことで近くに大学がある?

ジャングルジムがある公園

などです・・・

でも、これらの要素を組み合わせてみても、勤務先が「東京の保育園」というくらいしか分からないですよね・・・

ですので、「てぃ先生」に関して分かることは、本名不明、年齢30代、保育園の場所はどこかについては、東京都内ということになります。

さて、「てぃ先生」の名前が世間に知られ始めたのは、2012年から、自身の勤務する保育園の園児たちの日常の言動を、ツイッターで発信し始めたことがきっかけで、その後、話題になっていきました。

さらにその後、2014年に、ツイートの中から特に印象深い8人の園児の言動をまとめた書籍『ほぉ…、ここがちきゅうのほいくえんか。』が出版され、漫画化&アニメ化もなされていきました

「てぃ先生」の発言はやらせで嘘っぽい?

こちらも、根強い噂ですが、そもそも「てぃ先生」の発言が、何となくやらせで嘘くさいと感じている方もいるようです。

その理由が、そもそもツイッターなどで語る、勤務先の保育園での子どもたちとのやり取りについて、「子供たちのことを言いすぎでは?とかやり取りの内容が「半分本当で半分嘘くさい」というように、発言内容にリアリティが感じられないように受け止めているようです。付け加えて言うなら、そもそも「保護者には許可はもらっているのか」といった意見もあったりします。

もし、「てぃ先生」が保育士をしている保育園に通わせている父兄がいたとして、全員が全員「てぃ先生」がツイッターなどで、その保育園での子どもたちとのやり取りや起きたことを語ることに賛同はできないんじゃないか?という方の気持ちも分かる気はします。

ただ、ネットメディアなどではなく、メジャーなメディア・媒体で素顔をさらしたうえで、「てぃ先生」が発言しているのを見聞きすると、”保育士として”の「てぃ先生」の実在性を信頼しても良いかと思います。

今の時代、局や雑誌社なども、あとでコトにならないように、ある程度きちんと事前に調査しているんじゃないでしょうか? 公共性が高いだけに、発信者側の責任も大きいですからね・・・・

まとめ

男性が保育士で、しかもイケメンでという話題性がありつつ、ツイッターで発信するなどしてすでにフォロワーが40万人超えという「てぃ先生」・・・ その漫画なども評判を呼ぶなど、独自のカラーを作りあげつつありますよね・・・

また、「てぃ先生」の活動を通して、今の10代の憧れの職業のひとつとしての保育士という職業をよりメジャーなものとし、親子のつながりやコミュニケーションというものの大事さに気づかせるという意味でも意義があるんじゃないでしょうか。

今後も注目していきたいですね♪

♪気軽に読めるこんな記事もどうぞ♪ ⇒ 川内優輝(埼玉県庁)ボストンマラソン優勝!賞金に税金はいくらかかるの?瀬古利彦の時代の税金は?

格付けチェック2018・YOSHIKIの飲んだ5000円ワインとは?

西郷どん【鹿児島弁】・やっせんぼの意味と使い方とは

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする