秘密のケンミンSHOW!【簡単お取り寄せ】愛媛じゃこ天&静岡黒はんぺん&赤天特集・11月2日

旨いものがたくさん紹介される、”秘密のケンミンSHOW”では、”全国激ウマ練り物祭り!愛媛じゃこ天&静岡黒はんぺん”と題して、全国の旨いものが特集されます!その特長や歴史とは?また、自宅に居ながら手に入れる方法もご紹介!(2017年11月2日:秘密のケンミンSHOW)

スポンサーリンク

秘密のケンミンSHOW 愛媛・熱愛じゃこ天とは?

まずは、”丸ごと魚100%!愛媛熱愛じゃこ天”とは? 見た目は、素朴な感じですが、その旨味は感動もの!愛媛ケンミンが愛し、秘密にしている?旨い練り物です。愛媛県内だけでも、この”魚の骨や皮まで入れた「じゃこ天」を作るメーカー”は、約150軒も存在しています。

食べ方は、大根おろしと醤油で食べるのが基本ですが、旨いダシを含んでいるため、あらゆる料理で活躍する強い味方です。

これ以上のじゃこ天無いね #じゃこ天 #天満

meg_ecosystemさん(@meg_ecosystem)がシェアした投稿 –

歴史は古く、宇和島藩の初代藩主・伊達秀宗が故郷仙台をしのんで職人を連れてきて生産をさせたのが始まりということです。

使われる、原料魚は、ホタルジャコが多く使われ、頭と内臓を取り除き骨や皮ごとすりつぶし、扁平に整形したものが多いですね。でも、中には、団子状のものを出すお店もあり。

食べた時の、”きしきし”という食感が独特で、カルシウムやミネラルが一般の蒲鉾よりやや多いのも特長!

そんな”丸ごと魚100%!愛媛熱愛じゃこ天”を、ネットで、簡単にお取り寄せもできます。創業60年以上の、老舗&本場の、四国松山の「木村蒲鉾店」の「じゃこ天」です!老舗ならでは安心感と美味しさです!

ちょっと贅沢本場4種20枚じゃこ天セット[送料無料・同梱可] 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_メッセ】【楽ギフ_メッセ入力】

4種類の風味の違う”じゃこ天のコラボレーション”は、こちらのお店にしかできない、限定の組み合わせ!、また、各5枚づつ合計20枚のセットなので、違う味をたっぷりと楽しめちゃいます! お値段もリーズナブルだと思いますよ♪

ちなみに、オススメの食べ方ですが、オーブンレンジやフライパンで、こんがりあぶって、大根おろしとお醤油で食べるとさらに美味しいです!

ここは、やはり愛媛ケンミンの美味しい食べ方を真似ちゃっても良いですね♪

スポンサーリンク

秘密のケンミンSHOW 静岡黒はんぺんとは?

あの、徳川家康も愛したと言われていて、静岡ケンミンの愛する、いぶし銀の練り物「黒はんぺん」です。静岡ケンミンにとっては、定番のおかずですね♪

人生なんて静岡おでんと一緒。 うまいに正解も不正解もない#静岡おでん#黒はんぺん#dayoff

Kenta Kano (official)さん(@kanoken_14)がシェアした投稿 –


そのまま焼くだけで食べられますし、バリエーションのパターンとしては、パン粉をつけてフライにしたり、”石焼き醤油バターやカレー”に入れるなど、アイデアをこらすお店も!

こちらが、フライにしたものなんですが、衣がついちゃうと、みんな一緒に見えてしまうのが、ちょっとアレですが・・・

yukari ◡̈♡さん(@yukaririri7716)がシェアした投稿 –

江戸・明治時代までは、駿河湾沿いの漁師の家で、いわしやサバなどの魚を食べていましたが、やがて、すり鉢ですってお湯に入れて加工して食べるように・・・これが黒はんぺんの歴史の始まりですね。

すでに、300年以上の伝統を持つ静岡県焼津市の郷土を感じられる食品ですね。

そんな、「黒はんぺん」も本場・静岡から簡単お取り寄せができちゃいます!明治23年創業の信頼と安心の老舗・「さすぼし蒲鉾」さんのお取り寄せグルメです。

静岡・駿河湾の味セット【黒はんぺん・桜えび天・桜えび素干しの詰め合わせ】

【黒はんぺん】= 静岡はんぺんとも言われますが、そのイワシを骨ごと使った製法で、栄養もたっぷりです! 2000年『水産庁長官賞』を受賞したグルメの味をいかがでしょうか?

本場&老舗ならではの味はやはり格別ですし、安心ですね! それにしても、日本全国の味をこんな形で購入できるとは、良い時代ですね!

スポンサーリンク

秘密のケンミンSHOW 赤天とは?

名前の通り、「赤天」とは赤くてホットな練り物! 島根県西部の、浜田市で主に製造販売されています。フライの中には、赤く染まった魚のすり身が…。その正体は、”唐辛子”。”唐辛子”の辛みが利き、パンチのある味が特徴です!

島根県出雲楽しかたー♪ ありがとう(^^)v #島根 #出雲 #赤天

KO-Gさん(@jbb_kog)がシェアした投稿 –

島根ケンミンの通な食べ方は、食べるときは焼き直して、衣のカリカリ感を復活させること!

この「赤天」、食事にも合いますし、お酒ともぴったり!実際に、山陰・山陽地方の居酒屋さんでは、お客の心を掴んでいるソウルフードなんです!さつまあげのようなモチモチっとした感触が、やみつきですね♪

もし、そんな「赤天」を試してみたいようでしたら、ネット通販でお手頃価格で、簡単に手に入れられます。 コチラのお店は、明治45年(1912年)創業の”江木蒲鉾店”で、赤天の代表店として、島根ケンミンに良く知られています。

江木なうなう赤てん 5枚袋入り × 4袋 【 メーカー直送 冷蔵便 】

やはり、水産加工業の盛んな山陰地方の浜田市で発祥し、庶民の胃袋をがっちりとつかんでいるだけだって、そのお味は間違いないでしょう!

”江木蒲鉾店”はもともと料理店だったのですが、新鮮な魚が水揚げされる浜田という土地柄を生かし、”蒲鉾製造”に転身し、現在に至っています。

ですので、素材の良さ&新鮮さは折り紙つき! ”江木蒲鉾店”の赤天は、かめばかむほど味が出てくるのが特徴で、その安定した味は、ケンミンから愛されているのもうなずけます。

そんな、赤天は、 そのまま食べても絶品なんですが、ここはできれば島根ケンミンのように、
オーブントースター、フライパン、あみ等で、弱火でふっくらとふくれてくるまで焼いて食べる、お好みで生姜醤油で味わうのがオススメ!

まとめ

ここでは、愛媛じゃこ天、静岡黒はんぺん、赤天を特集しました。

郷土の味として、ケンミンに愛されている、こうした美味しいものが時代が変わっても、脈々と受け継がれているのは、ステキですね!

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする