ぶらり途中下車の旅・11/11☆湘南の海鮮!食べ放題&横浜クラシック家具店

湘南の海鮮食べ放題&名物!旅する路線は相模線で、旅人は舞の海です。しらす土鍋ご飯▽重厚!伝統の横浜クラシック家具▽レトロな自販機がいっぱい!本格的チャーシューメンも!▽交通安全に役立つ!反射板リュック ナレーションは小日向文世です(ぶらり途中下車の旅11月11日)。

スポンサーリンク

ぶらり途中下車の旅  レトロな自販機がいっぱい!

本日は、菊の花を展示している相模原麻溝公園の展望台で舞の海さんと待ち合わせ。

イイー眺めですね!

しかも、麻溝公園ではこの季節ならではのイベントが開かれているそう!

行ってみます・・・

菊の競技会が開かれていました。色とりどりで綺麗ですね~ 菊花競技会は毎年の恒例のイベントらしい!

少し、歩いていると、横浜市の水源地を発見。舞の海さん感慨深げ!!

原当麻をぶらりしていると、懐かしい自動販売機を発見し立ち寄ります。

うどんそば、ラーメン、ハンバーガー、トーストサンドなどの自販を発見! しかもすべてがレトロチックな自販でした・・・

管理しているのは、「中古タイヤ市場 相模原店」の斎藤さん。文字通り、中古タイヤのお店で、交換待ちのお客様が待つ間に、退屈しないよう、置きはじめたそうです!

中古タイヤ市場 相模原店

住所: 神奈川県相模原市南区下溝2661−1

元々、斉藤さん、機械の中身がどうか知りたくて収集した結果らしい・・ 一番の人気メニューがチャーシューメンらしいです。しかもカップラーメンではなく、中で半分できた状態で収められていて、それが麺を湯切りして提供されるとのこと!結構本格的ですね!

舞の海さん食べてみます! 「チン!」という音と共に、できあがりました! メンマ、ナルト、のりも入っていて本格的!お味は?

舞の海さん、曰く「おいしいですね~。チャーシューもおいしいです。屋台の味です」とのこと。

@bukki410がシェアした投稿

原当麻駅から相模線に乗ります!

スポンサーリンク

海老名駅で

海老名に到着! 「新しい街と言う感じですね~」と感想。。

駅近くで、不思議なオブジェが展示されている場所を発見。メンテナンスで訪れていた製作者の方がいたので、お話を伺います。昼間にソーラーパネルで充電して、夜明かりがつく仕組みらしい・・・

「アトリエに来てみますか?」と言われたので、製作者の”安田葉”さんのアトリエに行きます!

相鉄線にのり、かしわ台駅付近にあるアトリエにいきます。

みんな不思議なオブジェで、独創的! 舞の海さん「不思議ですね~」という感想を連発!

現在は、12月に海老名駅の通りを飾るランタン作りで忙しいそう!

つづいて、海老名から相模線に乗り社家駅で途中下車!

スポンサーリンク

社家駅で 伝統の横浜クラシック家具

手作り家具のお店=横浜クラッシク家具のお店へ! ”ノック・オン・ザロック”というお店の工房でした。

横浜クラッシク家具とは?

代表の戸山さんいわく、「伝統的な家具なんです」といいつつ、実際の家具を見せてくれます。日本の伝統家具(江戸指物)とアメリカの家具を融合させたものだそうです。

何ともいえない味わいのある家具ですね~

職人さんが製作工程を見せてくれますが、一つ一つのパーツがオスメスのような要領ではめていく、かなり繊細な作業ですね。すべて手作りなんですね~

原木の選定からこだわり抜き、くぎを使わないのがまた味があり、いいですね。

工房をあとにして歩いているとまた何かを発見!

反射板リュックとは?

反射板を作っている会社の反射板リュックとは? 反射板を作っている会社で作られたものだそう。

”法和株式会社”という社名の会社でした。主に、道路の標識になる反射板を作っている会社です。

それ以外にも、”反射板リュック”を作っていて、こんなに目立つの?というくらい少しの光でも反射するリュックらしいです・・・

続いて、倉見駅へ

スポンサーリンク

倉見  ”井出トマト農園”

新幹線が近くを通っているんですね! 「いや、のんびりしていい街ですね~」と舞の海さん。 通りがかって、舞の海さんに気づいた女性が、「え~ヤバイ」とビックリ!

”井出トマト農園”の販売所を発見します。

「全部トマトなんですか」と舞の海さん。 「そうです」とのこと。さらに、「実は涼しいところの作物なんですよ。トマトは秋の方が心地良いらしいですね」と井出さん。

意外ですね! すっかり夏のものだと思っていました。

さて、こちらでは、糖度が7.5くらいの甘いトマトも売られていました。

ここでは、年間を通して、13種類のトマトを生産しているそうです。甘いトマトも増えていて、2004年に誕生したアイコはその代表格。また、イエローアイコはそのフルーティな甘さが特長らしい!さらに、トスカーバイオレットと言う品種は、まるで葡萄のような酸味と甘さだそうです!

舞の海さん、アイコを食べてみます。「うーーん、これは甘くておいしいですね。これは冷たくしたらさらにおいしそうですね~」としみじみ。

ここで、販売所内にもどって、オススメされたあ、イエローアイコのジュースを飲んでみます! 文字通り、黄色いトマトジュースです!

舞の海さん、飲んでみます。「甘い、これトマトですか?これ果物じゃないですか!!」と感想・・・ 1本360円ほどで買えます。

再び、相模線に乗り、小出川を渡り、茅ケ崎へ!

スポンサーリンク

茅ケ崎

ヴェネチアングラス専門店を発見します!

ヴェネチアングラス以外にもいろいろな壺とか展示されています。店内に入ります・・・

店主の森山さんが対応して下さいます。曰く、「色々な色が楽しめたり、装飾が楽しめるのが特長のグラス」なのだそう・・・ それにしても、カラフルですね~

舞の海さん、「色彩が鮮やかなんですね~ 地味な色合いのものってないんですね」と感想

ヴェネチアングラスには金が塗られていましたが、店主さん曰く、その理由は、ヨーロッパの王族が、金は毒に反応し変色するため、いわば自分の身を守るために、そうしておいたそう。

そして、茅ケ崎海岸へ・・・

エボシ岩が目の前に見えます! 「湘南の海イイですね~。でもお腹すいてきたな~」ということで・・・

スポンサーリンク

「名物しらす土鍋ご飯」

湘南浜焼き「海女センター」を見つけます! 湘南エリア初の海鮮浜焼食べ放題のお店らしいですね。

marinさん(@___mariiitaro)がシェアした投稿

「食べ放題につられてやってきたんです」と舞の海さん・・・ 自分で好きなものを、取りに行きます。しじみ、はまぐり、ムール貝、サザエ、など様々な貝を自分でチョイスして、自分で卓上で焼くシステムですね!

ちなみに、料金は先払い制ですね♪

ここで、海女さんの恰好をしている店員さんに、「実際に海女さんなんですか?」と舞の海さん・・・「いや大学生です」と・・

海女さん、なワケないよね・・・

「これ、みんなでワイワイできたらいいですよね」と言いつつ、焼いていきます!「うまいな~ 貝は歯ごたえですね」と舞の海さん。

続いて、”しらすonご飯” が登場! これが噂の「名物しらす土鍋ご飯」ですね! これは安定の美味しさでしょう!

いやーしらすたっぷりでおいしそうですね!

舞の海さん、感想は?

「うーん、これはうまい!タイの出汁とか、ネギの風味とか混じり合っていていて、おいしい」 舞の海さん、思わず目を閉じちゃいます!

湘南浜焼きセンター 海女小屋 (アマゴヤ)

TEL: 050-5589-4672

住所: 神奈川県 茅ヶ崎市 柳島 1877-3

さて、食事を終えた舞の海さん、もう一度相模線にのり、社家駅へ・・・

スポンサーリンク

社家駅へ again

目的は?というと・・・そう、昼間に訪問したあの反射板を作っている会社(”法和株式会社”)にいくためでした。

そして、その反射板リュックの威力を確かめるためだったんですね!さて、社員さんが反射リュックを背負っている状態で、舞の海さんが懐中電灯の光を当ててみます。

いやーーー明るい! 舞の海さんも「まるで昼間みたいですね」と感想!

こちらの反射板リュックは、10584円(税込)とのこと! これから、ますます日が暮れるのが早くなる季節。ひとつもっておくと良いかもしれませんね!

さいごに

相模線の沿線沿いの町々はとても落ち着いていて、素敵な場所でした!

また、舞の海さんの優しい人柄もステキでしたね! 色々な人との触れ合いも素晴らしく今度時間ができたら、是非旅してみたいものです!

関連記事【こちらもどうそ♪】

↓↓↓↓↓↓↓

ぶらり途中下車の旅 埼京線-11月18日放送

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする