カラオケバトル2018歌うま大甲子園U18・出演者プロフィール&結果は?|1/4

まだまだ正月気分が抜けていない今日1月4日、放送される「THE カラオケ★バトル 歌うま大甲子園U-18」。番組のタイトル通り、18歳以下の歌ウマによって競うカラオケバトルのことですね。その決戦戦がテレビ東京でが放送されます♪

ここでは、「カラオケバトル2018歌うま大甲子園U18の出演者プロフと結果」について取り上げたいと思います。(カラオケバトル2018歌うま大甲子園U18・2018年1月4日放送)

スポンサーリンク

Aブロック

吉野俊矢 (埼玉県)小学5年生

U-18新人戦王者の埼玉の伸び盛り男子ですね!

2017年の正月に、親戚みんなでカラオケに行ったときに、その歌の素質に親戚が気づき、カラオケボックスに通い出しました。その後、4月からはボイストレーニングにも行き出し、結果、2017年の夏だけで5つのカラオケ大会で優勝し、習い始めてわずか半年でU-18新人戦を制しました。

曲:松田聖子の「赤いスイートピー」

澤口優聖 (北海道)中学生

澤口優聖は、2017年3月、カラオケ★バトルに初出場し、多くの女性のハートをわし掴みにした「道産子演歌中学生」です。

2002年7月12日、北海道札幌市生まれです。イケメンであるつつも、年相応の可愛らしさが大人の女性をメロメロにしているんですね。

目標としている演歌歌手は、山内恵介さんですね。幼少期から歌謡教室に通い磨き上げたその歌唱力は折り紙つきで、地元のカラオケ大会で好成績を収めるなど、その実力は間違いものが・・・

北広島での「のど自慢」大会で、その目標とする山内恵介さんから「演歌を歌ってくれてありがとう」と言われるなど、評価も高い中学生ですね。

曲:山内惠介「ちょっと、せつないな」

佐久間彩加   規格外の天才中学生

2016年、小学6年生の時に大手レコード会社avex主催のコンテストで10000人の中からグランプリを獲得ました。カラオケ★バトルでは、いつも弱気発言を連発しながらも超高得点を連発する歌唱力が印象的です!

連日カラオケボックスに通って、猛特訓の成果が表れるか?が期待ですね。

曲:椎名林檎の「ギブス」

堀優衣 2017年間チャンピオン

U-18四天王のひとりで、最強高校生ですね。 番組初出場から2年で、6度も栄冠に輝き、地元では観光大使に就任し、一日署長を務めるなど、その歌の実力と人気は不動のものが・・・

しかし、6冠後、1年4か月も遠ざかっていた”優勝”・・・それを取り返すべく2017年間チャンピオン決定戦で、見事優勝しました! 目標は10冠という彼女の歌唱力はずば抜けています。

曲: 中島美嘉の「STARS」

スポンサーリンク

Bブロック

熊田このは U-18期待の超新星

番組デビュー7か月でトップ7に躍り出た新星・・・それが熊田このは。

関連記事 ⇒ 熊田このはカラオケバトル2017決勝戦進出・歌唱女王の称号ゲットなるか?

2017年3月に初出場し予選で99点台の超高得点を出した、決勝でも99点台の超高得点を獲得し、ぶっちぎりで初優勝しました。その後初出場から6連続99点台を叩き出すなど、前人未到の記録を打ち立てました。

曲:安室奈美恵の「CAN YOU CELEBRATE?」

西岡龍生 千葉の歌うま男子

番組史上最も勝負弱いといわれつつも、地元・千葉で行われる音楽イベントでは2000人もの観客を前に4年連続で歌声を披露するなど、その実力は折り紙つき! カラオケ★バトルでもその美声は多くの聴く者を魅了してきました。

過去には優勝経験もある実力者で、毎回高得点を出しながらもあと一歩のところで敗退してましたが、今回こそは勝利を手に入れられるかが見どころですね!

曲:秦基博の「アイ」

元永航太 (大分県)  高校3年生

今年が、U-18ラストイヤーで、悲願の初優勝のみを狙う九州演歌男子です。
祖父の影響で幼い頃から演歌漬けの毎日を過ごし、父の指導のもとで、その歌唱力に磨きをかけてきました。

カラオケ★バトルで何度も99点超えを連発し、決勝にも2度進むも優勝経験はゼロです。高校3年生の彼も、今回でU-18大会は卒業となります。目指すは、悲願の初優勝ですね。
曲: 三山ひろしの「四万十川」
鈴木杏奈 U-18最強王座・ディフェンディングチャンピオン
鈴木杏奈は、今回で番組最多23回目の出場!出場の度に超高得点を連発し、最年少四天王として3年にわたりU-18大会をけん引してきました。

曲:浜崎あゆみの「A Song for XX」

Cブロック

小豆澤英輝 高校3年生

母と二人三脚、哀愁ボイスの最強男子。

関連記事 ⇒ 小豆澤英輝・母【画像有】は元歌手?歌唱王の素顔|カラオケバトル

元プロ歌手の母と二人三脚で、16年にわたり歌唱力を磨いてきました。

番組には7度の出場経験があり、その哀愁ボイスでスタジオ中を魅了してきた。

最後のU-18大会で「どうしても優勝したい」とその意気込みは強いですね。

曲:安全地帯の「碧い瞳のエリス」

角田龍一 元U-18四天王

最後のU-18大会で有終の美を飾れるか・・・U-18四天王・角田龍一です。3年前のカラオケ★バトル初出場で超高得点をたたきだし、男子で唯一U-18四天王となった天性の歌うまです。

しかし、他の四天王に遅れを取り続け、2017年ついに2年2か月にわたり守り続けてきたU-18四天王の座から陥落。U-18最後の大会で最強王座ゲットできるかがポイントです。

曲:加藤いづみの「好きになって、よかった」

中原櫻乃さん 高校3年生

オーディションで9000人の頂点に立ち、見事「アニー」役を射止めた演劇エリートです。

関連記事 ⇒ 中原櫻乃は西宮在住で美人姉妹は詩乃&穏乃・高校と進路は?

上演以来、観客動員数167万人を記録している国民的ミュージカル「アニー」。彼女はおよそ9000人が参加するオーディションを勝ち抜き、アニー役を掴んだ実力者です。その将来の夢はミュージカル女優になること・・・

曲:Kiroroの「未来へ」

スポンサーリンク

カラオケバトル2018歌うま大甲子園U18 結果は?

小豆澤英輝 曲: 手嶌葵「明日への手紙」 ⇒ 99.512

堀優衣 曲: 中森明菜「ジプシー・クイーン」 ⇒ 99.696

鈴木杏奈 曲: シド「レイン」 ⇒ 99.749

元永航太 曲: 五木ひろし「待っている女」100.000 ⇒ 優勝

元永航太君が満点を叩きだし優勝しました! U-18ラストイヤーで、悲願の初優勝おめでとうございます!

関連記事 ⇒ 熊田このはカラオケバトル2017決勝戦進出・歌唱女王の称号ゲットなるか?

       小豆澤英輝・母【画像有】は元歌手?歌唱王の素顔|カラオケバトル

中原櫻乃は西宮在住で美人姉妹は詩乃&穏乃・高校と進路は?

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする