湯たんぽ・おすすめは? ニトリ VSファシー 比較

急に寒くなると、自然なぬくぬくとした温かさが特長の「湯たんぽ」が恋しい季節でもありますよね!今、様々なショップやメーカーで湯たんぽを販売しているのですが、どれを買えば良いのか迷いませんか?

我が家の近くにもあるのですが、お値段以上でお馴染みの、ニトリから販売されている湯たんぽは、そのコスパの良さから、かなり評価が高いです。また、最近、話題になっているブランドがファシーの湯たんぽ・・・ ネットでもそのクオリティやデザイン性も話題に!

ここでは、ニトリとファシーの湯たんぽに絞って比較をしていきたいと思います!

もともと深刻な「万年冷え性」なのに、仕事先や電車内で夏は冷房がきつく、冬は寒さが身にこたえてツライ・・・そんな気持ちになることはあり...

関連記事: 湯たんぽの使い方を工夫してオフィスで冷え性予防&ポカポカ♪の方法とは

      湯たんぽ・キャンプにおすすめのリーズナブルな商品&使い方とは

スポンサーリンク

ニトリの湯たんぽ ~オシャレカバーもポイント!

ニトリの湯たんぽは、もう定番ですよね! 少しポイントをご紹介しちゃいます!

引用元:ニトリネット

断熱性に優れたウェットスーツ素材  ニトリ・「湯たんぽ」

ニトリの湯たんぽのポイントのひとつ・・それはその素材感でしょう!

ウェットスーツ素材(クロロプレンゴム)を使用している商品があり、この素材の特長は、低温やけどをしにくく、柔らかいため、お肌に優しいんです!また、ウェットスーツ素材の特長のひとつは、その断熱性!それで、”ほのか”で”ぽかぽかした温かさ”が持続します。

また、オシャレカバーも豊富なので、それもウレシイですね!

”呼吸”する技術を導入   ニトリ・「湯たんぽ」

ニトリで販売している「呼吸する湯たんぽ」は、文字通り“呼吸する”技術を導入しています。

それで、湯たんぽの中のお湯が少なかったり、冷めても変形することがないという優れもの! ちなみに、昔のプラスチック製の湯たんぽってよく変形していて、使いにくかったですよね!

ニトリの湯たんぽの”まとめ”

ニトリで販売している「湯たんぽ」は、基本的に、低温やけどになりにくいような設計がされている商品が多く、そんなところに、日本人のきめ細やかさが表れていますよね!

ちなみに、ニトリの湯たんぽの売れ筋商品である、”やわらか湯たんぽ たまご型(1.2L)”は、税込2,990円です!

ずっと、使えるものですからね! 決して高くないと思います!

このクオリティの高さでありながら、お値段が安いのがウレシイですよね!ニトリの商品は、素材が違う商品を取り揃えていますし、カバーと一緒にセット販売している商品もあるので、予算やニーズに合わせて購入を検討なさってみてください。

ファシーの湯たんぽ・オススス度高し!

つづいて、最近、使用者がじわりと増えているファシーの湯たんぽもオススス度けっこう高いです。少しポイントをあげてみましょう!

やわらかくて温めたい部分に優しくフィット!

触ってみると分かるのですが、素材は、非常にやわらかくて温めたい部分に優しくフィットする作りになっています。

その秘密は、素材・・・ 合成樹脂PVC(プラスチック素材)を使っていることで、独特の柔らかさを実現しています。

また、収納時に軽くて嵩張らないこともポイント!

直接熱湯で消毒ができる

直接熱湯で消毒ができるので、大変衛生的です!この特長を生かして、ドイツでは病院で使用されています!

デザインが豊富

デザインがけっこう豊富なのもオススメポイント! スヌーピー、バーニー、くまのぬいぐるみなど、見てても可愛く、使って良しのデザインはウレシイですね!

ファシーの湯たんぽの”まとめ”

肌への優しさ、手入れがしやすく、デザインも豊富なのがうれしい、ファシーの湯たんぽ!

ファしー(fashy)の湯たんぽは、定期的なテストを行っており、その品質は折り紙つき! また、湯たんぽに使われているボトルは一体成型のもので、安全性と耐久性に徹底的にこだわっているのも安心な点ですね。

関連記事 ⇒ 湯たんぽ・効果的な使い方で良質な睡眠&短時間で冷え症撃退の方法とは?

キャンプやアウトドアなどにも使えます! さらに、水を入れれば、水枕としても使えるので、急に熱が出た時などにも使えますね! こんな合理的な作りが、ドイツらしいな~と思ったりします!

お値段ですが、シンプルなカバーなしが、1,988円~です。

また、カバーありが、3,000円代~となります。

とにかく、その商品ラインナップ群は豊富! ですので、好みのものを比較検討なさることをオススメします。

関連記事 ⇒ 湯たんぽ・おすすめの種類はコレ!TPO別の選び方とは?

湯たんぽカバーを100均(ダイソー&セリア・キャンドゥ)で購入可?素材や種類は?

まとめ

ニトリの湯たんぽにしても、ファシーの湯たんぽにしても、かなりクオリティが高いです!結局は、デザイン、機能性、手軽さなどの要素や条件を考えて選ぶことをオススメします。

湯たんぽは、昔ながらのツールですが、寒い冬のふとんやベッドの中を、快適空間に変えてくれるグッズですよね!

賢く選んで、寒い冬を乗り切りたいものですね!

コチラの記事もどうぞ♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

湯たんぽのオススメの使い方・赤ちゃん編

湯たんぽ~やってはいけない使い方!寝るとき編

湯たんぽ ~間違いだらけの使い方・温度編

湯たんぽ・レンジでチン! おすすめ厳選3商品

湯たんぽ・100均 ”セリア”VS”ダイソー”比較

湯たんぽ・100均【ダイソー&セリア】 保温時間は?

湯たんぽ・オススメの”充電式タイプ”3つ厳選・電気代VSガス代比較も!

湯たんぽ・オススメ?無印良品がなぜベストバイなのか?

湯たんぽの安全&正しい使い方 at【看護】

ストーブ(灯油) 燃費を良くする5つの方法

カイロの飛行機への持ち込みにあたっての3つの注意点【必見】

スリッパ de 暖かい! しまむら VS ユニクロ 比較

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする