そばパスタ・カロリーは?通販方法は?

ダイエットに効果的として”そばパスタ”が評判になっています!そばパスタのレシピや通販は?番組では、エリカ・アンギャル先生が、外国人が憧れる”和食の美容・健康パワー”をご紹介します。【世界一受けたい授業】

スポンサーリンク

エリカ・アンギャル先生とは?

エリカ・アンギャル先生は、 1969年オーストラリア・シドニー生まれです。

とても若々しく見えますね♪

さて、そんなエリカ・アンギャル先生ですが、シドニー工科大学を卒業後、健康科学学士に・・・ オーストラリアで、アレルギーや自己免疫疾患、心臓病や糖尿病などの生活習慣病や、肌コンディションに悩む患者の治療に従事してきました。

そんな、エリカ・アンギャル先生は、2004年から8年間、ミス・ユニバース・ジャパン公式栄養コンサルタントとして、美女・世界No.1を目指すファイナリストたちに「美しくなる食生活」をアドバイスしてきました。

著書も数々あり、一例をあげるだけでも、こちらの2冊の本を執筆し、実際に女性たちのダイエットに、たくさんのダイエットに関するヒントを与えてきました♪

和食の食べ方を知れば、女性はもっと美しくなれる [ エリカ・アンギャル ]

30日で生まれ変わる美女ダイエット [ エリカ・アンギャル ]

そんなダイエットのスペシャリストといってもいい、エリカ・アンギャル先生がオススメするのが、和食でのダイエット・・・

とくに”そばパスタ”はオススメです。

スポンサーリンク

そばパスタのカロリーって? なぜダイエットに有効?

ダイエットに”そば”パワーを借りるのが、なぜオススメかを少しご紹介します。まず、そのためには、”そば”の持つ2つの長所を理解しておくと良いです・・・

そばの長所 1. 糖質の低さ

”そば(蕎麦)パスタ”の気になるカロリーとはどれくらいなんでしょうか? まず、”そば(蕎麦)”そのものは、パスタにくらべてカロリーは低いといわれています。

ただ、”そば(蕎麦)”にかんしては、一般的にいわれる長所は、その糖質の低さ! ”そば(蕎麦)”は、100g当たり43gしか糖質を含んでいないため、糖質制限中の主食として、”そば(蕎麦)”がオススメというワケですね♪

ちなみに、糖質が最も多いのは食パンで、100g当たりに66gの糖質が含まれています。またラーメンの麺、中華麺にも100g当たり55gの糖質が含まれています。

主食として食べるもの=つまり「白米・中華麺・パスタ・パン・蕎麦」の中で、最も糖質が低いのが”そば(蕎麦)”です。こう見ると、ダイエットで、”そば”は優等生ですね!

そばの長所 2. GI値の低さ

GI値とは、食事をしたときに上昇する血糖値の上昇率を数値化したものです。それで、GI値が高い食品ほど血糖値の上昇率が高く、かつ太りやすい食品ということになります。

蕎麦は、GI値が54なので「低GI値食品」に分類されます。つまり、GI値の低さから見て、優良な食品ですね♪

一方、白米やパン、うどんはGI値が70以上の「高GI値食品」、パスタのGI値は65なので「中GI値食品」に分類されます。

つまり、主な主食の中で、蕎麦はGI値が圧倒的に低く、血糖値が上昇しにくく、かつ太りにくい食品ということになります。

そうした蕎麦の長所が生かされているのが、「そばパスタ」というワケですね。ダイエットに有効な理由がお分かり頂けると思います。

つづいて、そんなダイエットに最適な、”そばパスタ”を通販で手に入れる方法をご紹介します!

スポンサーリンク

”そばパスタ”の通販方法とは?

”そばパスタ”は、以下のお店で通販できます!

サンクゼール そばパスタ フェットチーネ 300g

こちらの”そばパスタ”は、北イタリア・アルプス山脈に囲まれた寒冷な地方で食されているそば粉を使ったパスタをヒントに作られたもの♪
そば粉は国産100%。長野県戸陰高原の水を使用し、練り上げたこだわりのパスタですね。安心安全なのがうれしいですね! 原材料名は、小麦粉、そば粉、小麦たんぱく、食塩となります。

まとめ

エリカ・アンギャル先生が紹介してくれた、外国人が憧れる”和食の美容・健康パワー・・・ 意外と私たち日本人自身が、”日本という国土で作られた、ダイエットや健康に有効な食材”のスゴサを知らない部分もあるかもしれませんね♪

”そばパスタ”にしても、そもそも糖質制限ダイエットに有効な”そば”を原料としたモノ!

こういった、食材を賢く用いて、若々しく生きていきたいですね!

こんな記事もオススメです♪

↓↓↓↓↓↓↓↓↓

ペコジャニ・神のショウガとは? 関ジャニ∞が出雲で発見!11/13

満天青空レストラン”河内鴨”と秀吉の関係は?どこで食べられるの?通販方法も 11/18

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする