安室奈美恵の引退発表・噂の真相とは?

安室奈美恵が突如、引退発表したニュースは、いやー衝撃としか言えなかったですね。日本列島に衝撃波が伝わり、早速、「アムロス」というキーワードが広まりました。実際、ファンだけでなく、同世代の元アムラーたちにとってもショック極まりないんじゃないでしょうか?安室さんに関しては、その引退の真相が何かの憶測が広がっていますね。

安室奈美恵の引退発表・その真相の根底にあるものは?

T1

そもそも、なぜ、これほどまでに安室奈美恵の引退の真相に関して、推測や憶測が飛ぶかというと、まず言うまでもなく、これほどの確固としたキャリアを築き上げて、熱狂的なファンもいて、コンテンツとして完成されており、アイコンとしての立場を確立している中での引退発表というのが大きいと思います。

つまり、アスリートに例えると、成績が絶好調なのに突如”引退発表”するようなものです。ダルビッシュが、大リーグで安定した成績を上げながら、突如引退するようなものですかね?このたとえ、あまりピッタリじゃなければ、スルーしてください(笑)。

いずれにしても、「声が出なくなったとか」、「もはや踊れない」という下降気味な状態での引退なら分かるのですが、そういうワケではないですからね~ 歌もダンスもキレキレの状態で、引退ですからね。。色々な憶測を生むんだと思います。

それだけ、スターだったという証にもなるワケで・・・

スポンサーリンク

安室奈美恵の引退・真相はどれなのか??

安室奈美恵の引退に関しては、その真相に迫ろうとしても、個人的には、そんな単純な問題ではないのでは?と思います。これ一択という話ではないと思います。

例えば、一部でささやかれている事務所問題・・・たしかに、安室さんは数年前、個人事務所を立ち上げています。

しかし、その後ろ盾はエイベックスです。かなり大きなバックであり、歌手活動には支障をきたさないようには見えます。

実際に、数年前、当時所属していた事務所(ライジングプロ)からの、”独立劇”が週刊誌によってすっぱ抜かれました。が、この前事務所・ライジングプロとの専属契約の終了後に、独立に成功し、以後は、前述のようにエイベックスのレーベル、ディメンション・ポイントに移籍しました。

が、その後、あまり表舞台には出てこなくなりました。つまり、エイベックスはレーベルであり、芸能活動のマネージメントに関しては。やはり限界があり、結論から言えば、芸能界から干されたのではないか?というもの。。

これもありえる話だとは思います。

また、安室さん自身が感じていた限界説・・・

安室さんは、すでに5年ほど前から、身近なスタッフに「40歳ぐらいで引退したい」と
漏らしていたと言われています。

安室さんの過去の発言を見ると、歌やダンスが劣化した自分を商品としては出したくないという強いポリシーが見て取れます。

たとえば、「昨日の自分に満足しない。その気持ちが私を動かしているんだと思う」と語っていたことがありますが、この言葉などは、まだ伸びていける段階にあれば、続けるでしょうし、自分の中で、もうこれ以上は限界点を上げられないと思うのであれば、「引退」の引き金にもなり得る気がします。

とにかく、安室さんのストイックさは有名で、周りを寄せ付けさせないほどだったとか・・・自分が表現したいものを追求する完璧主義者で負けず嫌いで『劣化』という表現を嫌っていたので、今回の「引退」の原因の一つになっている気がします。

もちろん、一人息子さんがマスコミにつけ回されるのも、嫌だったのも分かりますが、ただ息子さんもすでに成人していますからね。幼い時分なら、まだしも、直接の原因ではないのではないかな~と思ってはしまいます。

安室奈美恵の引退発表・噂の真相 ~まとめ

これだけ生き様が格好良くて、歌えて踊れて、というアイコンは当分出てこない気もします。安室さんの引退発表を聞いて、ついその真相に迫りたいという気持ちになってしまいますが、前述のように、引退の理由は一つではないと思います。

安室さんも、そんな安易に引退の真相については語らないと思います。

なので、今は、アムロスを癒しながら、安室さん自身が時が来たら語ることばを待ちたいかな~と考えています。

関連記事⇒ 安室奈美恵の電撃引退の理由はコレだ!!

安室奈美恵の引退後の収入の計算とは?

安室奈美恵 引退後の生活どうするのか予測してみた!!

安室奈美恵が紅白歌合戦出場【動画】特別出演歌手とは?ギャラは?

安室奈美恵 引退発表!!小室哲哉と深く結ばれた絆とは?

安室奈美恵・引退後は沖縄に帰るの!?何をするの?

【歌手・安室奈美恵さん電撃引退!!】直筆コメント全文とは??

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする