モンテ・クリスト伯・原作との共通(似ている)点と違いとは?

4月19日からはじまる「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐」は見どころタップリで楽しみですよね!とくに個人的にはディーン・フジオカさんの”名演”というか”怪演”に大いに期待しています。

「モンテ・クリスト伯」は19世紀に書かれた小説がもとになっていて、すでに読んだ経験を持っている方も多いはず。ここでは、ドラマ「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐」と原作の違いをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

モンテ・クリスト伯・原作との違いとは?

原作の「モンテ・クリスト伯」では、若い船乗りエドモン・ダンテスが主人公です。

序章

エドモン・ダンテスには明るい未来が待っていました。それは、船長への昇進、愛し合うメルセデスとの結婚で、若く健康なダンテスにとっては、前途洋々な人生となるはずでした。

しかし、そのメルセデスとの、結婚式当日、ダンテスは”重大政治犯”として逮捕されてしまいます。それはダンデスにとっては、全く身に覚えのない罪でした。

エドモン・ダンテスが牢獄に入った理由は?

ダンテスをはめたのは、彼の出世を妬んでいた船の経理係ダングラールとメルセデスをひそかに想っていたフェルナンでした。

彼らは、当時エルバ島に流刑中だったナポレオンの帰還計画にダンテスが加担しているとうその密告を行いました。

さらに、ダンテスにとって不幸だったのは、ダンテスの取り調べを担当していた検事代理ヴィルフォールがボナパルト派の実父の名が表に出ることを恐れ、彼を孤島の城塞監獄に送り込んだこと。

しかし、ダンテスは、 監獄内で同じ境遇のファリア神父という老囚人に出会い、さまざまな教えや学問を学び、14年後に脱獄に成功します。

脱獄後のエドモン・ダンテスは?

脱獄後、エドモンはファリア神父が地中海の孤島モンテ・クリスト島に隠しておいた財宝を受け継ぎ、”モンテ・クリスト伯”と名乗り、パリの社交界に登場します。

このときエドモンと行動を共にし、支えたのがエデ。エデは、ギリシアの姫だったものの、フェルナンの策略で父を殺され奴隷として売られたつらい経験も持っていました。

エドモンとエデと共に、自分を陥れた3人に対する復讐を開始します。

復讐により、フェルナンは過去を暴かれて、家族からも見放され拳銃自殺をします。

ダンテスの取り調べを担当した検事代理ヴィルフォールは、その社会的地位を失い、その後妻のエロイーズは、その幼い息子を道連れにして服毒自殺します。ヴィルフォールはその結果、発狂します。

しかし、”服毒自殺した妻が幼い息子を道連れにした”事実は、エドモンに大きなショックを与えます。

そこで、エドモンは、最後の復讐の対象である、船の経理係ダングラールの命だけは助けることを決意します。

しかし、自分がそうされたのと同じようにダングラールを監獄に閉じ込めます。

またダングラールに極限の飢えを味わわせ、与える食事と引き換えにダングラールの有り金ほとんどを奪い、自分の正体を知らせてショックを与え、エドモン・ダンテスに対する深い恐怖を与えた上で、監獄で一生を過ごさせることに。

復讐を終えたエドモンは、エデから愛の告白を受け、二人で船に乗り旅立ちました。

スポンサーリンク

「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐」は?

今回のドラマ、「モンテ・クリスト伯~華麗なる復讐」ではディーン・フジオカさん演じるエドモン・ダンテスはどんなキャラクターなのでしょうか?

ディーン・フジオカさんは「柴門暖」という人物を演じます。暖は漁業会社に勤めています。

暖の最愛の婚約者、目黒すみれ(めぐろ・すみれ)役を演じるのが、山本美月さん。

暖を陥れたのが、3人の男たち・・・

1人目は、暖が勤める漁業会社の先輩社員である神楽清(かぐら・きよし)

演じるのは、新井浩文さん。その独特のオーラと空気感はいわずもがなでしょう。名優ですよね。

新井さんが今回演じる神楽清は、学歴は高くないものの、地頭の良さがあり、損得勘定が働く愛情の観念が欠落した男です。

表面で、暖の良き先輩を演じつつも、暖が自分の出世の邪魔となることを悟り、暖を陥れるべく、同じく暖に嫉妬している南条を利用します。

2人目は、暖の“恋敵”南条幸男(なんじょう・ゆきお)

役を演じるのは大倉忠義さんです。いわずとしれた関ジャニ∞のメンバーですが、今回は、フジテレビの連続ドラマ初出演です。

南条は売れない役者です。

一見、仲の良い先輩である暖と暖の婚約者である目黒すみれとの婚約を祝いながらも、内心は暖への強い嫉妬を抱いています。

自分は売れない役者にもかかわらず、出世と愛する女性を手にした暖に、嫉妬を超えた憎悪の感情を抱き、暖を陥れる調略に加わります。

3人目は、警視庁公安部外事第三課の警察官役・入間公平(いるま・こうへい)

演じるのは、高橋克典さんです。

警視庁公安部外事第三課に属する警察官でありながらも、その職権を乱用し、暖を無実の罪で牢獄へと送り込む計画に加わります。しかも、それを隠しながら生きています。

今回、高橋さんが作り上げたキャラクターは、ワイルドかる野性味溢れる人物で、将来を託望されている有能でキレ者の警察官役。

スポンサーリンク

共通項と違う点は?

原作の「モンテ・クリスト伯」とはかなり似ている部分が多いです。

船乗りだったエドモン・ダンテスに対して、「柴門暖」が勤務するのは、漁業会社。船つながりですね・・・

暖を陥れるために暗躍する3人の男の職業や動機も、かなりというかほとんど一緒といっていいでしょう。

1人目は暖が勤める同じ漁業会社の先輩社員である神楽清(かぐら・きよし)。彼の出世を妬んでいた船の経理係ダングラール。そして暖が自分の出世の邪魔となることを悟り、暖を陥れる行動に出た神楽清は、共に「嫉妬」という動機が共通項です。

2人目の売れない役者”南条幸男(なんじょう・ゆきお)。

彼は暖の後輩でありながら、暖の婚約者・目黒すみれとの婚約を表面的には祝いながらも、やはり内心は暖への強い「嫉妬」を抱いています。メルセデスをひそかに想っていたフェルナンがエドモン・ダンテスを陥れるべく行動したのもやはり「嫉妬」からでした。

3人目の入間公平(いるま・こうへい)

警視庁公安部外事第三課と言う立場でありながら、その職権を乱用し、暖を無実の罪で牢獄へと送んだ点は、やはり職権の乱用という点でダンテスの取り調べを担当した検事代理ヴィルフォールと共通項があります。

また、それを、隠し通そうとして生きているところが悪辣だったりします。

このようにかなり原作を忠実に取り込んだシナリオを作成しており、一番重要な動機面は一緒ですね。

違う点といえば、設定している時代背景、職業の微妙な違いなどでしょう。

注目したいのは?

今回、注目したいのは、やはりディーン・フジオカさんの演技でしょう。

人生の絶頂期からどん底へ叩き落された男が、何をモチベーションとして、どう歯を食いしばって立ち上がり、幸運によって脱獄した後に、復讐していくのか・・・

でも、復讐の先にある湧き起こる、”赦す”という気持ちがどう役柄に投影されていくのか注目できると思います。

是非期待したいですね!

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする