羽根木公園梅まつり2018のアクセスと見頃&近隣駐車場は?

羽根木(はねぎ)公園。は、東京都世田谷区の梅ヶ丘駅近くにある公園で、実は梅の花の美しい名所なんです! 案外都内に住んでいても、梅花というと、湯島天神、新宿御苑、小石川後楽園などに目が行きがちだったりします。

しかし、実は梅の木の本数でいうと、これらの名所よりも羽根木(はねぎ)公園の方が上だったりします。ちなみに、湯島天神や新宿御苑の梅の木の本数は約300本程度、また小石川後楽園に関しては、約90本です。

スポンサーリンク

羽根木公園の「世田谷梅まつり」はいつ?見頃は?

羽根木公園については、前述の梅の名所といわれる場所に対して、その梅の木は実に約650本もあり、美しい梅の咲くさまは必見です!

また、何よりもオススメポイントなのは、湯島天神を始めとする梅まつりに比べて、その混雑の少なさです。たとえば、都内の梅の名所である湯島天神の梅まつりに何度か行ってみたことがありますが、その混雑ぶりはものすごかったです。

平日はまだしも、特に週末の人ごみの多さはスゴかったです・・・

その点、羽根木公園は比較的ゆったりと梅花の鑑賞を堪能でき、穴場スポットだと思います。

また、羽根木公園の梅の種類も豊富で、八重寒紅、八重野梅、道知辺、白加賀、思いのまま等、約60品種あるため、変化に富んだ梅花を観賞できるのもオススメポイントです。

毎年2月上中旬から3月にかけて「せたがや梅まつり」が行われ、その時期に梅の見ごろを迎えます。

「せたがや梅まつり」2018は、以下の日程で行われます。

○  第41回せたがや梅まつり

○ 2018年2月10日(土曜日)~3月4日(日曜日)

○ 時間:  10時~16時

○ 会場:  羽根木公園

○ 入場無料

羽根木公園のアクセス&駐車場

羽根木公園のアクセスや駐車場に関する情報です。

所在地:  東京都世田谷区代田4丁目38番52号

問い合わせTEL: 03-3322-0415(羽根木公園有料施設窓口)

【車では・・・】

車で来園する場合ですが、30分100円で駐車することができます。ただし、混むときには周辺の有料駐車場に駐車する必要があります。

なお、障害のある方は無料で利用することができます。

詳細はコチラ ⇒ 区立公園等駐車場の無料利用について(障害のある方)

園内の駐車場は32台分あるのですが、もし混雑して停められない場合には、周辺の有料駐車場に駐車することができます。

周辺のコインパーキングをご紹介します。

○ パークジャパン 代田第14駐車場

○ 所在地: 東京都世田谷区代田4-31

○ 営業時間: 24時間

○ 料金:【最大料金】12時間最大 ¥1,000

【時間料金】 (全日)0:00-24:00  60分=¥200

○ タイムズ代田4丁目

○ 所在地: 東京都世田谷区代田4-36

○ 営業時間: 24時間

○ 料金:【最大料金】 ¥1,000(08:00-19:00)

【時間料金】 (全日)08:00-19:00  30分=¥200

【電車では・・・】

小田急線梅ヶ丘駅下車徒歩5分  /  井の頭線東松原駅下車徒歩7分。

小田急バス梅ヶ丘駅北口下車徒歩5分  /  東急バス代田四丁目徒歩7分。

羽根木公園の世田谷梅まつり・屋台は?

Kaori.Aさん(@caoli_colo)がシェアした投稿


羽根木公園で行われる「せたがや梅まつり」ですが、屋台はあるのでしょうか?

例年、羽根木公園で行われる梅まつりの開催期間中には、屋台の出店があります。

提供される、軽食類も梅にちなんだものもあり、たとえば「梅大福」などがオススメです。

また、屋台グルメといえば・・・の「焼き鳥」、甘酒といった定番の屋台グルメをいろいろ味わえます。

toshitaka nomuraさん(@toshin1)がシェアした投稿

屋台の各種軽食やおやつ類も、料金がリーズナブルなので、オトクにお腹を満たすことができるでしょう。やはり、美味しいものを食べつつ園内を散策・・・というのがだいご味ですよね♪

まとめ

羽根木公園で毎年行われる「せたがや梅まつり」は、約650本という梅を楽しむことができます。また、羽根木公園へのアクセスも車と電車それぞれで行きやすい利便性の高い場所にあります。

nagaさん(@on_chang_mn)がシェアした投稿

羽根木公園内には、プレーパークという子どもが自由に遊べる冒険遊び場があります。このプレーパークのユニークなところは、子どもたちが作った木の小屋が点在していて、まるで秘密基地のような子どもであれば、わくわく感を覚える光景のはず。

そこで、子どもを遊ばせる楽しみもあります。

羽根木公園で開催される「せたがや梅まつり」に家族そろって出かけてみるのはどうでしょうか?

♪気軽に読めるこんな記事もどうぞ♪ ⇒ 西郷どん【鹿児島弁】・やっせんぼの意味と使い方とは

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする