志村どうぶつ園11月4日・危険&悲しすぎるゴリラ保護レンジャーの日常と活動とは?

違法なゴリラ密猟者からゴリラを守るゴリラ保護レンジャーの活動が話題に!その日々は過酷

で時として命の危険もあり、悲しすぎることも!少しその日常と活動に迫ってみました。

(「天才!志村どうぶつ園・「絶滅ゼロ部」」11/4)

引用:日テレHP

スポンサーリンク

「天才!志村どうぶつ園」出演・加藤ゆうみとは

「天才!志村どうぶつ園」では加藤ゆうみさんが、マウンテンゴリラを日々守る、ルアンダの

ゴリラレンジャーに入隊し、その過酷な生活に密着しています。最初に、加藤ゆうみさんの簡

単なプロフを・・・

職業:モデル/女優

生年月日:1996年7月16日

出身:愛知県名古屋市

血液型:AB型

5歳から15歳までの10年間をマレーシアで暮らし、16歳で単身帰国。地元名古屋の茶道の家元で修業を積む。

19歳のときにモデルデビュー。

マレーシアで地元テレビ局TV3のドラマ「J・K・K」で女優デビューを果たした。

このプロフィールを読むと、単なる女優さんとか思いますが、実は、14才で親元を離れ、マレ

ーシアの小さな島で1人で生活した経験があります・・・ といっても、優雅な島暮らしなん

でしょ?とか思いますか?

いえいえ、当時、加藤さんの経験した島暮らしとは、1人で生活、素潜りし、手づかみで魚を

取り、山の中でシカの仲間を捕まえ、自給自足の生活をするというもの。凄まじい“サバイバ

ル経験”ですね。

こんな美人なのに、またいくら、マレーシアに慣れているとはいえ、自給自足の生活を生き抜

く経験とは、なんともスゴイですね。

ですので、すでにスペック的には、かなりのものです! レンジャー要素が強いというか・・

スポンサーリンク

志村どうぶつ園・ゴリラ保護レンジャーの日常とは?

志村どうぶつ園で扱われている、ゴリラ保護レンジャーの日々は危険と隣り合わせです。

たとえば少し前に話題になった、こちらの写真・・・

引用元:「パーク・レンジャー(自然保護官)が密猟者に母親を殺されたゴリラを慰める」スレ

キャプションにあるように、レンジャー(自然保護官)が、密猟者に母親を殺されたゴリラの肩

を抱いて慰めています。

このレンジャーの表情といい、ゴリラの表情といい、本当に悲しそうです。ゴリラの知性の高

さも個人的には、印象に残りました。それだけに、悲しさも深いでしょう。

色々なものが伝わってくる写真です・・・

こちらのドキュメンタリー映画は、この件について、ゴリラを守るレンジャーの日々につい

て、扱っています。わずか2分ちょっとの動画なので、是非ご覧ください。

ゴリラを守るレンジャーの仕事は危険かつ過酷で、アフリカのコンゴ民主共和国の密林では、

女性レンジャーもいます。

しかし、1996年以来、命を落としたレンジャーは150人にものぼります。

たとえば、7800キロ平方メートルもの広さを誇るコンゴのビルンガ国立公園には、世界のマウ

ンテンゴリラの約4分の1に当たる300頭のゴリラが生息している。だが、密猟者やコンゴ紛争

の反乱軍に殺され、大幅にその生息数が減少しています。

当然、レンジャー側にとっても、危険度が増します。そのため、入隊テストそのものが過酷

で、2013年までは、あまりの過酷さに、何人もの女性がテストを受けたものの、誰一人として

テストに合格しませんでした。

レンジャーたちの訓練には、肉体を鍛えることはもちろんのこと、銃の扱いといった技術的な

訓練の数々も含まれ、厳しいトレーニングに耐え抜いてから、ようやく現場に出ることできま

す。

つまり、密林で遭遇するであろう危険な状況を生き抜くためには、強靭な体力と精神力を兼ね

備えている必要があるんですね。

スポンサーリンク

志村どうぶつ園「絶滅ゼロ部~ゴリラ編」~ まとめ

この「絶滅ゼロ部~ゴリラ編」は、日本人にはあまりリアルに伝わって問題に目をつけた良い

コーナーだとおもいます。

また、こういうレンジャーの素質の高く、実力の高いタレントさんが、彼らの活動に同行する

ことで見えてくるものが多いと思いますね!

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする