ららぽーと船橋の渋滞回避・国道14号線アクセス編:地元住民しか知らない秘密のルートとは

「ららぽーと船橋」は特に千葉県人にとって身近なお出かけスポットですし、都内からのアクセスも良いため、多くの人々で混雑します。特に、あなたが車でお出かけの際には、「渋滞回避」に頭を悩ませたりしませんか? 特に帰りの渋滞回避をしたいところ。

お子さんを連れて車で出かけようとしているお母さんや週末家族やカップルで来場してみたい場合、ここで紹介した「渋滞回避用ルート」をきちんと頭に入れて、来場してみましょう。

小さな子供がいるとたくさんの人で賑わうショッピングモールに行くのが、つい及び腰になりがち。でも、たまには、そんなパパとママも息抜きに...

スポンサーリンク

ららぽーと船橋の渋滞回避方法 国道14号方面のアクセス編

そもそも渋滞回避策を考えたいのが、国道14号線を利用するアクセスの場合。 国道357号線からのアクセスは、基本、順路通りにアクセスすることになるでしょう。

ここでは、国道14号線からのアクセス&国道14号線を使って帰るルートをご紹介します。

このルートは、特に以下の方にお勧めです。

・ 千葉市方面から東京方面に向けて国道14号線を走ってきた場合

・ 八千代市方面から京成本線「大神宮下駅」を右手に見て走ってきた場合

このルートで大事なのは、入る場所(交差点)です。 道が狭めですし、目立たないので見落とさないようにしましょう。

もし、あなたが千葉市方面から東京方面に向けて国道14号線を走ってきた場合には、「スシロー船橋店」の次の小さな交差点を左折と覚えておきましょう。

また、 八千代市方面から京成本線「大神宮下駅」を右手に見て走ってきた場合には、そのまま直進ということになります。

下の地図を参考になさってください。

「ららぽーと船橋」へ向かうルート

上記の地図の「緑のマーカー部分」が「ららぽーと船橋」へ向かうルートを示しています。具体的な行き方です。

国道14号線から入り、すぐに突き当たるので左折です。

右手に川を見ながら、川沿いを数10メートル走り、小さな橋を右折です。

そのまま、まっすぐ直進し、信号で右折です。

直進し突き当たりを左折です。

まっすぐに進めば左手に「ららぽーと船橋店」が見えてきます。

なお、以下の注意点を留意しておいて下さい。

・大きめの車を乗っている方(大型のSUVや1BOX等)は、このルートは狭いため。避けた方が無難です。

・「ららぽーと船橋店」の駐車場は、『P1』か『P5』がお勧めです。その理由(ワケ)ですが、雨天の場合も濡れずに済み、収納台数も多いのが安心だからです。ただし、”混雑があまりない平日などに利用”という条件になります。

「ららぽーと船橋」からの帰りルート

ちなみに、「ららぽーと船橋店」の混雑で一番きついのが、行きよりも帰りの渋滞

もし、国道14号線方面に帰りたい場合、帰りのルートは基本的に、行きのルートは逆のルートをたどればよいのですが、一点異なるのが、橋を渡ったあと、左折ではなく、右折がオススメという点。

上の地図の赤いマーカー部分を通るようになさって下さい。

橋を渡ったら右折

すぐ左折


突き当りを左折

そしてすぐ右折

回転すしの「スシロー船橋店」の脇から国道14号線に出られます。

「ららぽーと船橋店」から帰途につく際、国道14号線に出たいと思う場合、単純に「船橋橋」交差点から出ると、とにかく混む割合が高いです。特に、週末の夕方など、かなり混みあいます。

上記の方法で、帰途につくと、比較的混雑を回避できる可能性が高いです。ちなみに、県道8号線から船橋駅方面へのルートも、混みあうことが多いです。

「ららぽーと船橋店」渋滞の理由とは?

「ららぽーと船橋店」が、そもそも、週末になると大変混みあう理由は以下のとおりです。

・ IKEA、船橋競馬場、幕張メッセのイベントへのお客さんも渋滞の導線に入ってくる点

・ 湾岸線は、大型トラックが多く、湾岸道路の渋滞時、大規模になりやすい

・ 「ららぽーと船橋店」周辺に多くの住民の暮らすマンションがある

これらの要素が複合的に絡み合い、「ららぽーと船橋店」の週末の渋滞はスゴイんです。

また、いわゆる湾岸線での大型車両を中心とした”仕事車”による渋滞の影響で、週末や祝日のみならず、平日でも混みあうことが多いんです。

「ららぽーと船橋店」渋滞回避のお役立ちTIPS

「ららぽーと船橋店」の特に週末の渋滞を回避するために知っておくと役立つTIPSをご紹介します。

出典元:「ららぽーと船橋店」サイト

・ 可能なら開店前に「ららぽーと船橋店」に到着し、帰りは夕方前に退店する

(他の来店客と動きをずらすということ)

・ 「ららぽーと船橋店」に到着時、周辺道路が混んでいるようであれば、IKEAに近い駐車場であるP10かP11に駐車すること。(「屋外の駐車場」ではあるのですが、屋内駐車場に止めようと思う場合、入退店する車の渋滞に巻き込まれてしまう可能性が大です)

・ ペット同伴の場合、 P4 ・ P8 ・ P10 ・ P11 の駐車場を利用する必要があり。

これを頭に入れておくだけで、渋滞回避ができる可能性が高まります。

まとめ

「ららぽーと船橋店」は、多くの方が足を運ぶ、大型ショッピング施設です。

それもそのはず、ファッション、映画館、グルメゾーンを含む約440店舗もの施設が集まる一大商業施設だからですね。

この「ららぽーと船橋店」の渋滞に巻き込まれると、とにかくイライラしますよね。とくに、小さなお子さんを連れているお父さんやお母さんは、大変だと思います。

上記のルートを選択しても必ずしも混雑回避できるわけではないかもしれませんが、回避できる可能性が高まると思います。

できるだけ、他のお客さんと動きをずらして、「ららぽーと船橋店」でのショッピングや滞在を楽しめるといいですね。

小さな子供がいるとたくさんの人で賑わうショッピングモールに行くのが、つい及び腰になりがち。でも、たまには、そんなパパとママも息抜きに...

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする