マツコの知らない世界・幻の梅干し杉田梅【必見】を「オトクにゲット!」する方法

”梅干し”と聞くと・・・「ご飯のお供」あるいは、「おにぎりの具」くらいにしか考えることがないかもしれませんが、そもそもクエン酸を多く含んだ健康食品なんですね♪ そんな梅干しの奥深き世界を案内してくれたのが、落語家 立川志の輔の一人息子 竹内順平さんでした(マツコの知らない世界)。

関連記事 ⇒ マツコの知らない世界・中華出前をTポイント&クーポンでオトク利用方法

スポンサーリンク

梅干しとは?

梅干しの定義をあらためて紹介すると、ウメの果実を塩漬けした後に日干しにしたものを指します。前述のように、梅干しというと、おにぎりや弁当に使われることが多く、その理由のひとつは、弁当などが悪くならない=「保存を効かせる」という理由もありますね。

ただ、その酸味の強さから、けっこう好き嫌いが分かれる食品であるのですが、梅干しに含まれるクエン酸は、身体に良く、健康食品としても優秀ですね。

実際、日本の戦国時代では、梅干しは保存食として使われただけでなく、傷の消毒や戦場での食中毒、伝染病の予防にも使われたという記録が残っています。

スポンサーリンク

竹内順平さんとは?

そんな梅干しの魅力を語ってくれた竹内順平さんは、大御所の落語家である立川志の輔の一人息子さんです。

竹内さん・・・全国300種類以上の梅干しを食べ歩いた方で、今の肩書は、「梅干しプロデューサー」。まさに梅干しで食べているんですね♪

ちなみに、「梅干しプロデューサー」になったきっかえは、 父・志の輔に「弟子にしてほしい」と3回お願いするも断られ、それから 「梅干しに関わる仕事をする」と決意し、「梅干しの道」へ進んだ方です。今では、梅干しの魅力を伝える会社を設立しているくらいですから、おもしろいものですね。

スポンサーリンク

幻の梅干しをオトクにゲットする方法とは?

「梅干しプロデューサー」である竹内順平さんが今回紹介してくれた、「延楽梅花堂」の「幻の杉田梅干し」とはこちらになります!

こちらの通販で購入すると、ポイントも付き、とてもオトクです。

▼ 幻の杉田梅干し ▼

↓↓↓↓↓

その特長は、樹齢300年を超える大樹から育んだ「延楽梅花堂」の杉田梅は、安心の「無農薬栽培」で徹底管理された結果採れた大粒の梅

⇒ まぼろしの杉田梅干 200g

当然ながら、クエン酸含有量が豊富で、梅のいわゆる「すっぱさ」を堪能できる一品ですね♪

ご飯や、お茶のお供として、取り入れてみると、クエン酸が作用して疲れをいやしてくれるはず・・・

スポンサーリンク

まとめ

日本人の知恵が込められた梅干しを是非、日々の食生活の中に取り入れてうまく使っていきたいものですね。

酸っぱいだけじゃない、梅干しの世界非常に興味深かったです!

関連記事 ⇒ マツコの知らない世界・中華出前をTポイント&クーポンでオトク利用方法

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする