満点青空レストラン・11/11【お得な通販方法】「塩釜焼ローストビーフ」とは?

毎回、全国の旨いもんを紹介している「満天☆青空レストラン」。「塩釜焼ローストビーフ」のお得なお取り寄せ方法をご紹介します! 11月11日放送の「満天☆青空レストラン」では、岡山県産黒毛和牛の赤身肉を焼き上げ、塩でくるんでじっくりオーブンで焼いた「塩釜焼ローストビーフ」が紹介されました! (満天☆青空レストラン11月11日放送)

特に、「塩釜焼ローストビーフ」を、とろろと合わせた「ローストビーフ丼」は絶品でしたよね!

スポンサーリンク

「塩釜焼ローストビーフ」とは

まず、そもそも、「塩釜焼ローストビーフ」とはなんぞや?ということですが、その名前のとおり、”肉や魚を塩の塊で包んだ蒸し焼き”のことです。

ちょっと想像するだけで、すでに、”超おいしそう”ですよね!?

そして、番組(満天☆青空レストラン)で取り上げられていましたが、”岡山県産黒毛和牛の赤身肉”のような、最高の牛肉を使った、「塩釜焼ローストビーフ」が、おいしくないワケありません!

そもそも、岡山県産黒毛和牛=「おかやま和牛肉」には、次のような特長があります!

筋繊維が細かく、和牛肉特有の風味と脂味がある

この、とくに、肉の筋繊維の細かさ&風味と脂味のバランスがあるおかげで、”ステーキやすき焼き”には最適なんです!

実際に、中国地方の山間部では、古くから和牛(黒毛和種)が飼育されており、岡山県も優良な黒毛和種の産地として知られています!

「おかやま和牛肉」を名乗れるのは選ばれし牛のみ

岡山県内の”9つの指定生産JA管内の農家”が、一頭一頭手塩にかけて育て上げた逸品だけが、「おかやま和牛肉」を名乗ることができます。

岡山県は、そもそも、自然の恵みが多く、”晴れの国おかやま”として知られた地域・・・そんな地域で、丹精込めて育てられた黒毛和牛の中からさらに厳選した牛肉を使った、「塩釜焼ローストビーフ」・・・おいしいワケです。

それを料理に用いたら・・・・

おいしいですよね!!

こちらは、220℃のオーブン15分での焼き加減で作った、”塩釜焼きローストビーフ”! 余熱も加えることで、イイ感じに仕上がります!

JAPANさん(@nyavision)がシェアした投稿

自宅で「塩釜焼ローストビーフ」を作る方法

「塩釜焼ローストビーフ」を自宅で作れるかどうかという点ですが、作れます!

1. 暑さ3センチくらいの肉にスパイス&ハーブをごしごしと擦り込む

2. 塩で肉を埋める

3. 焼く。(焼き20分コース/レア焼き10分コース) ←お好みの焼き加減で

4. 焼きあがったら、取り出して10分くらい放置、粗熱をとる。

5. 金槌のようなもので、塩の塊を壊して、肉を取り出す。

出来上がり!!

でも、たしかに手間をかけて、自宅で自分で作ってみるというのも良いかもしれませんが、結構、面倒ですよね?

もし、手軽に、最高の本場の「おかやま和牛肉」を使った「塩釜焼ローストビーフ」を食べたいのであれば、きちんとしたお店から取り寄せちゃうのが、オススメです!

最高級の「塩釜焼ローストビーフ」のお取り寄せ方法

最高級の ”本場”の「塩釜焼ローストビーフ」をお取寄せされたいようであれば、こちらのお店、一択で良いと思います!

■産地直送送料込み■<千屋源>黒毛和牛塩釜焼ローストビーフ

こちら、1829年(文政12年)創業の老舗百貨店「天満屋」が贈るギフトです!

産地直送ならではの、こだわりの味を堪能できること間違いなしですね♪

やはり、本当においしいものは、長い歴史とお客さんに愛されてきた実績に裏打ちされた安心安全なお店で、購入することがオススメです。

まとめ

早いもので、いよいよ、2017年も終わろうとしています! この年の瀬、ぜひ旨いものを食べて幸せな気持ちになりたいものですね!

「塩釜焼ローストビーフ」を料理に用いてみて、一家団らんでハッピーに・・・いかがでしょう♪ 家族全員、笑顔になっちゃうこと、間違いなしですね ♪

いつも思うんですが、「満天☆青空レストラン」は、まだまだ知らない旨いものが、日本にはあるんだな~と気づかされる番組ですね!

これからも、期待大ですね!

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする