田口淳之介入院先の場所はどこ?入院期間と費用はいくら?(KAT-TNN元メンバー)

衝撃の走ったKAT-TNN元メンバー田口淳之介容疑者の逮捕。薬物中毒での逮捕となると、必要となるのが薬物依存症のための治療。

KAT-TNN元メンバー田口淳之介容疑者の入院する病院の場所がどこかについて取り上げます。また、入院期間と費用はいくらかについても。

スポンサーリンク

KAT-TNN元メンバー・田口淳之介入院先の場所はどこ?入院期間と費用はいくら?

結論からいうと、考えられるのが以下の3か所です。

  • 東京医科大学病院
  • NCNP病院 国立精神・神経医療研究センター
  • 下総精神医療センター

そして、一番可能性が考えられるのが、東京医科大学病院だと思います。

理由を説明していきます。

なぜ東京医科大学病院の可能性が高いか?

簡単にいえば、単なる個室ではなく、特別な個室が多く準備されていることで、プライバシーが守られ、治療のノウハウについても選択肢が多いからでしょう。

差額ベッド料は1日数万円のレベルではありますが、控えの部屋もあることで、スタッフなどが泊まることもできる設備があります。

いいかえれば、ホテルに滞在する感覚で、治療=宿泊という感じで泊まれます。

田口淳之介容疑者の出身である神奈川県相模原市からも近く、”治療”しつつ”癒す”には最適な環境といえます。

NCNP病院 国立精神・神経医療研究センターの可能性もある!

田口淳之介容疑者が、NCNP病院 国立精神・神経医療研究センターで薬物依存症の治療をする可能性もあります。

ですが、その可能性は低いと思います。

理由は、ピエール瀧さんが、この病院で通院治療をしているとみられること。あえて、マスコミの注目を集める必要は感じないです。ここに、田口淳之介容疑者も入院なんてことになると、面白可笑しく書かれてしまう可能性が高いでしょう。

ただし、こちらの病院では、2017年の9月から、日本の薬物依存治療の中心的な機関になるべく、薬物依存症治療センターを開設していることから、ノウハウや実績があります。

田口淳之介容疑者がどれくらい薬物依存は深刻かによりますが、きちんとした治療が受けられる意味で、この病院に入院する可能性はあるかもしれません。

ですが、可能性は低いかなと思います。

下総精神医療センター

下総精神医療センターは、ASKAさんが通っていたといわれている千葉県内にある病院です。

科目には「薬物」があります。

ですので、ノウハウや治療方法が確立されており、きちんとしているでしょう。しかし、田口淳之介容疑者がここに入院する可能性はあるものの、低いと思います。

ASKAさんにしてもピエール瀧さんにしても、薬物の種類も種類ですし、より重度でした。

一方、田口淳之介容疑者については、薬物の種類にしても体への惑溺性という意味でそこまで重度ではないことから、あえてこの病院に入院という可能性は低いと思います。

KAT-TNN元メンバー・田口淳之介入院先の場所はどこ?入院期間と費用はいくら?

さて、ここからは、田口淳之介容疑者が入院する病院の入院期間や費用についてです。まず、入院期間からです。

入院期間については、1-3か月程度となるかと思われます。その根拠ですが、これまでの薬物依存で逮捕されてきた芸能人などの入院期間から考えると、そういう結論に・・・。

また、費用については、一般的に、薬物依存治療の場合、3か月程度の入院で、130万円くらいはかかるといわれています。

やはり他の科目と違い、独特の治療メソッドが必要となるため、高額に。。。

といっても、この費用はあくまでも、一般的にかかるといわれている費用なわけで、芸能人の場合には、さらに特別な個室で泊まればその費用もかかりますし、上乗せされてより高額になることは間違いないでしょう。

田口淳之介入院先の場所はどこ?入院期間と費用はいくら? ~まとめ

田口淳之介容疑者が逮捕されたことで、次の段階となるのが、入院しての治療。

日本でも、上記に挙げた病院をはじめとして、薬物依存治療への独自の治療法やカリキュラムを組む病院も増えており、このあたりに、今の日本での薬物問題が深刻さがうかがい知れます。

田口淳之介容疑者の今後は、多難かと思いますが、自分流とかではなく、まずは正しい治療をして薬物からの脱却を目指してもらいたいですね。

Sponsored Links

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする