バナナマン日村勇紀・淫行で謹慎期間はどれくらい&どうなる?嫁(妻)神田愛花の反応&別居や離婚はある?

FRIDAYで報じられたのが、人気芸人バナナマンの日村勇紀さんが、16歳の少女相手に淫行した点。バナナマン勇紀さん・淫行で謹慎期間はどうなる?嫁(妻)神田愛花の反応&別居や離婚はある?かを取り上げます。

なお、誌内の告発では、淫行相手とされる河野綾香(仮名)なる人物が、今から16年前の16歳のときに日村勇紀さんと淫行したというもの。

スポンサーリンク

バナナマン日村・淫行で謹慎期間はどうなる?

謹慎期間については、「謝罪会見」のみで、謹慎がない可能性もあると思います。あっても半年間~1年程度ではないかと思います。その理由は以下の通り。

1. 現在のところ世論が日村さんに同情的である

2. そもそも昔のことで、なぜ今?という疑問

3 愛知県の淫行条例と照らし合わせても公訴時効(3年)はとっくに切れている

1.2の点ですが、後述しますが、かなり疑問の残るタイミングでの今回の告発。「なぜ今?」」という感じがします。

また、すでに時効の事案です。今まで謹慎になった芸人などは時効が切れていないケースもありました。

また時効という面はクリアしても「道義的責任」という面は残るかもしれませんが、今の段階で多くの人は、むしろ日村さんに同情的な気もします。

気になる点をいくつか・・・

今回の焦点というか皆が気になる点だと思うのですが、以下の点なんじゃないかと思います。

1. 21歳と詐称して日村さんに近づいている

2. 16年前の出来事をなぜ今ごろ?

3 そもそも事実?

1.の点ですが、そもそも河野綾香(仮名)なる人物は21歳と詐称して日村さんに近づいている点。そして未成年であることを日村さんが知ったのも少し時間が経過してからだったという点。

2.の点ですが、個人的に当時16歳だった少女が、32歳にもなった今なぜ告発したのかが気になります。ネットでは、金目当てという声も聞かれましたが、それはかなり否めないと思います。

それにしても、日村さんが売れて結婚して社会的身分が高まった段階でこういった告発となると、この女性側の「本性」が透けて見える気も。

3.ですが、『FRIDAY』の報道によると、証拠写真の存在と『FRIDAY』編集部も”裏”を取っているはずで、間違いはないのでしょう。また、何より、日村さんも否定はしていませんでしすた。というより認めて謝罪していました。

――日村さん、河野綾香さんとの関係についてうかがいたいのですが。

「ずいぶん前のことですね……」

――当時16歳だった綾香さんと肉体関係もあり、日村さんは彼女の年齢も知っていたということですが。

「ごめんなさい、わからないです。覚えてないですね。マジですかこれは……。参りましたね」

その後、日村からは所属事務所を通じ、自らの行いを認め、謝罪するコメントが送られてきた。

出典元: https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180921-00010001-friday-ent

片や、女性側は河野綾香という仮名を使い、本名を隠して、『FRIDAY』に売っている時点、日村さんの受けるダメージは非常に大きいですね。

この女性の本名や現在が晒されないといいですね。何せ今はネット社会ですので・・・

バナナマン日村・淫行で神田愛花の反応&別居や離婚はある?

正直、こちらの方がダメージが大きそうな気も。

バナナマン日村さんの淫行でまだ新婚の結婚相手・神田愛花さんの反応はどうなんでしょうか?別居や離婚はあるんでしょうか?

神田愛花さんがどこまで日村さんを受け止めて(理解した上で)結婚していたかによると思いますね。

芸人の妻となることのリスクとして今回のようなことも頭に入れたうえで結婚していたのなら、別居や離婚はなく、乗り越えられそうですね。ただ、日村さんが長期間謹慎⇒経済的に困窮するような事態になると、あっさり別居なんてこともあるかも。

やはり、言いたくないですが「金の切れ目が縁の切れ目」という言葉はどんな人間関係にも当てはまる部分がありますからね。

経済面でどうなるかが大きいですね。

言い方を変えると、今後、日村さん(&事務所サイド)が火消しの方法を間違えて炎上なんてことがあると、大ダメージだと思います。

ですので、今後次第で状況が変わる可能性も高いと思いますね。

♪気軽に読めるこんな記事もどうぞ♪ ⇒ 川内優輝(埼玉県庁)ボストンマラソン優勝!賞金に税金はいくらかかるの?瀬古利彦の時代の税金は?

格付けチェック2018・YOSHIKIの飲んだ5000円ワインとは?

西郷どん【鹿児島弁】・やっせんぼの意味と使い方とは

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする