成田空港・爆発物(不発弾)種類は何?A滑走路の場所のどこ?いつから利用再開?

なんとも心配なニュースが入ってきました。成田空港のA滑走路上に爆発物のようなものが置かれているのが見つかったとのこと。成田空港の爆発物(不発弾)A滑走路のどこ?種類は何?いつから運行再開かなどを取り上げます。

こんな記事もどうぞ⇒ 内田貞信(ボクシング) wiki経歴&学歴・前科とキャバクラ経営?【画像・動画】なぜ選出?

渡邉正昭監督(日体大)の経歴・学歴・プロフィール【画像・動画】&パワハラの内容

スポンサーリンク

成田空港・爆発物(不発弾)A滑走路のどこ?

成田空港の爆発物(不発弾のようなもの)は、A滑走路のどこにあるのでしょうか?

この航空地図の左側がA滑走路なのですが、この路上という表現から、緑地部分ではなく、文字通り路上に置いてあった可能性があります。

また、このA滑走路が長さ4キロと長さ2.5キロしかないB滑走路に比べると重要なものであることが分かりますし、これが使えないことで運用に大きな影響が出ることが分かります。

定期的に行っている確認作業で気づいた可能性が高いと思われます。あるいは、カメラ映像に残っていたのでしょうか。

ただ、今この時期にこういった事案が起きたことを真剣に考えないとダメですね。2年後にオリンピックを控えているわけで、今回爆発物じゃなかったとしても、仕掛けた側の人物が、今回の警察の対応などを含めて、つぶさに観察してデータ収集している可能性もあります。

爆発物の種類は何?不発弾?

出典元:日本テレビ系(NNN)

この点ですが、ネットなどでも取りざたされていますが、かつての抗争時代の爆発物ではないかという説や、だれかが置いていったのではという説があります。

ですが、そもそもA滑走路上にあったということですので、夜のうちに何者かが忍び込んでおいていったというのが正しいでしょう。

ですが、成田空港の周辺は高いレベルで警戒態勢がとられており、行かれた方は分かると思いますが、空港周辺の道路も、24時間体制で、機動隊がパトロールしており、監視カメラの数も尋常じゃないです。

通行人はほとんどいないため、ほぼ無人状態の歩道となっていて、歩くだけで悪目立ちしますよね。警察車両も止まっていますし、機動隊も鋭い目つきで目を配っている状態。

「簡単に夜のうちに置いておく」なんて、容易じゃないですね。

爆発物のようなものの種類は分かり次第追記します。

いつからA滑走路・運行再開

分かり次第追記します。

まとめ

朝のニュースで「滑走路上に爆発物のようなものが見つかったということで、警察などが状況を調べている。今のところ爆発する可能性は低いという」という文言を聞いたとき、ちょっとショックを受けました。

そもそも空港の滑走路に第三者がそんなに簡単に立ち入れてしまうという事実にです。

何事もなく、処理が終わり、A滑走路が利用できると良いですね。

こんな記事もどうぞ⇒ 内田貞信(ボクシング) wiki経歴&学歴・前科とキャバクラ経営?【画像・動画】なぜ選出?

渡邉正昭監督(日体大)の経歴・学歴・プロフィール【画像・動画】&パワハラの内容

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする