内田貞信のキャバクラ(アルティメット)の場所&時給は?年収(収入)はいくら?

数々の問題や闇を抱えていた日本ボクシング連盟。山根明前会長が辞任後に新会長に就任したのが内田貞信氏。


しかし、内田貞信氏の過去の逮捕歴(前科)やクラブやキャバクラを経営しているなど、これまた何となく話題感たっぷりな感じですね。ここでは、内田貞信氏のキャバクラ(クラブ)の場所や時給、内田貞信氏の年収(収入)がいくらか?を取り上げたいと思います。

▼関連記事▼

日本ボクシング連盟の臨時総会と理事会で、山根明前会長の後任人事として、宮崎県連会長の内田貞信氏の新会長就任が決定しました。内田貞信 ...
スポンサーリンク

内田貞信のキャバクラ(アルティメットグループ)の場所&時給は?

週刊誌などでは、内田貞信氏が、宮崎を中心にクラブやキャバクラを19軒も経営するオーナーであり、「キャバクラ王」などというニックネームを早速付していました。これ、ご本人も複雑なんじゃないでしょうかね。

世間の受ける印象では、「日本ボクシング連盟新会長」よりも「キャバクラ王」の方がキャッチ―な感じがしちゃいます。一度聞いたら忘れられないですよね。

さて、そんな、内田貞信氏が経営する、アルティメットグループの系列店は20軒近くあり、そのうちの1つが「ラウンジ・レイズ」というキャバクラ

お店の場所は以下の通りです。宮崎駅のすぐ近くですし、アクセス良さそうですね。

主なキャストとして「もも」さんや、「うめ」さん、「すずか」さんなどがいるようですよ。

求人情報によると、部署にもよるようですが、月給30万円くらい~スタートのようです。また、ャバクラでキャストとして勤務すると、時給で4000円、クラブの勤務で、時給6000円も可能とのこと。

これ、宮崎県という土地柄を考えても、けっこうイイ時給なんじゃないでしょうかね。

ホームページによると、内田貞信氏は、現在キャバクラ(ラウンジ)を7軒、クラブを12軒、バーを1軒経営されているようです。なお、キャバクラは「ラウンジ」シリーズですべて統一されているようです。

内田貞信の年収&収入は?

内田貞信氏の年収や収入ですが、そもそも、これだけビジネスで成功されていると、年収は余裕で1億円超えの世界だと思います。現在、15以上の株式会社を持つ企業グループのトップ(経営者)を務めているわけで、それぞれの株式会社から年間2000万円の役員報酬を受け取っていても、×15社で計3億円ですよ。

車とかも会社の経費で落とすでしょうから、複数台高級車を保有している可能性も・・・。住んでいる家なども経費の可能性がありますから、豪邸に住んでいる可能性もありますね。

内田貞信氏は、また、生来、こうした”飲食業”で財を成したというよりも、まず不動産業で成功し(宮崎県内中心部に10棟のマンション、3棟の商業ビルなどを所有) ⇒ その後、”飲食業”へと手を広げていったことから、手堅い経営をしてこられたんじゃないでしょうか。

ちなみに、内田貞信氏は、強要、恐喝などで逮捕歴(前科)がありますが、この背後には、「急速に事業を拡大したことで周囲からねたみを買った」という背景もあるそう。目立つと妬みを買うだけに、男の妬みは怖いですね。

内田貞信・ボクシング連盟会長就任に乗り気ゼロ?

今回、一連の流れを見ていて、内田貞信氏は、ボクシング連盟会長の就任にあまり乗り気じゃなかったように思えます。

これ、事の道理から言ってなんですが、おそらくボクシング界に若い時からどっぷり浸かっている人であれば、その世界のことしか知らないし、その世界での利権にどっぷり浸かっている可能性もありますよね。

でも、内田貞信氏の場合は、ビジネスの世界で成功を勝ち取ってきており、むしろビジネスにまい進した方がさらに収入をアップさせることもできたはず。ですので、正直周りから「頼むよ~」的な感じでお願いされ、あまり乗り気じゃなく引き受けたというのが本音じゃないでしょうか?

今の時代、こういった背景(逮捕歴&キャバクラ経営)があると、必ず明らかになってしまう時代ですので、正直内田貞信氏側からしたら、何もメリットがない気も・・・。

でも、そのあたりは今後、内田貞信氏がどのようにボクシング連盟を運営していくかを見てからでないと分からない部分ではあるんですが。

まとめ

正直、内田貞信氏がキャバクラやクラブ経営をしていようと、ボクシング連盟の運営とは別に関係はないことだと思いますし、大事なのは繰り返しになりますが、健全なボクシング連盟の運営ですよね。

また、内田貞信氏については、ネットやSNSなどで流れている情報では「良い人」という評判も高い方です。

若いボクサーたちの才能を伸ばす点で、風通しの良い組織を作る点で、ボクシング連盟の運営を是非頑張って頂きたいと思います。

▼関連記事▼

日本ボクシング連盟の臨時総会と理事会で、山根明前会長の後任人事として、宮崎県連会長の内田貞信氏の新会長就任が決定しました。内田貞信 ...

♪気軽に読めるこんな記事もどうぞ♪ ⇒ 川内優輝(埼玉県庁)ボストンマラソン優勝!賞金に税金はいくらかかるの?瀬古利彦の時代の税金は?

格付けチェック2018・YOSHIKIの飲んだ5000円ワインとは?

西郷どん【鹿児島弁】・やっせんぼの意味と使い方とは

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする