じゅん散歩・高田純次が池上本門寺を散策!!|10月30日

本日10月30日は、三代目散歩人・高田純次が「池上本門寺」を一歩一会を求めてじゅん散歩!!昭和の大スター力道山が眠る寺町とは?アンコ&アイスの個性派くず餅に舌鼓!! 世界にひとつのオリジナルのお守りとは・・(じゅん散歩10月30日)

引用元:テレビ朝日HP

スポンサーリンク

じゅん散歩・高田純次が池上本門寺を散策!!

高田純次さん、大田区池上を訪問! 池上といえば、池上本門寺ですね♪

日蓮宗の本山ですね。日蓮聖人が開いたお寺・・・なお、近隣には、24ものお寺がある地域ですね。

まずは、池上本門寺を訪問し、1608年に建てられた五重塔に感動!そして力道山が眠る墓所を見ます。力道山の自宅に近かったことから、池上本門寺に墓所ができたとのこと。

「おもしろい時代だったよね~」と高田さん感慨深げ・・・ 「当時父親がお金がなくて、電話を買うか、テレビを買うかを迷って、テレビを買ったんだ。両方とも高くてね。でも、電話なんてかかってくることほとんどないでしょ。で、テレビを買ったんだよね・・・」とのこと・・・それでプロレスを観る機会が多かったんですね・・

さて、高田さん、絶品くず餅を食べます! ”相模屋”で、小麦を1年発酵させてつくったくず餅(450円)を食べてみます。「みつがおいしいね~」と感想!

なお、くず餅は、江戸時代から続く池上の伝統名物なんですね!

じゅん散歩・高田純次が養源寺へ 10月30日

さて、本門寺近くの路地に入り、しばらく歩いて、「養源寺」に入ってみます。ここでは、境内に”カフェ”があるそうです! 「こんなところにカフェ」という名前のカフェでした!オープンしたてのカフェなんですね。コーヒーが350円から飲めますね。

お寺の話から、宗教観の話題になり、高田さん・・・「おれは何を信じているんかな?ビタミン剤かな?」と言って笑いを誘います。

じゅん散歩・高田純次が實相寺へ!! 10月30日

さて、続いて、實相寺(じっそうじ)に行きます。高田さんが「海老蔵に似ている」と言った若い副住職さんが応対。世界にひとつしかない「OMAMO」というネーミングのお守りを作っているそう・・・

たとえば、「チケットがとれますように」とか、男性だと「ハゲたくない」とか、本当オリジナリティがあるお守りを作っているんですね。

高田さん、ここで「健康とじゅん散歩が10年続きますように」のお守りを作ってもらい、祈祷してもらいました!

今日は、なんだか心が落ち着く、一期一会でしたね♪

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする