ピオトルジエリンスキ・年俸・年収&経歴とプレースタイル・彼女や結婚は?

ワールドカップ2018ロシア大会で日本とは同じH組に入るのがポーランド。ポーランドは、日本の対戦相手として極めて強敵です。その理由が、世界で活躍している一線級のタレント揃いという点。

ポーランドというと、エースストライカーであるロベルト・レヴァンドフスキ選手につい注目しがちですが、ロベルト・レヴァンドフスキ選手だけが注目選手ではありません。それがピオトル・ジエリンスキ選手です。

ここでは、ピオトル・ジエリンスキ選手の年俸やプレースタイル、経歴などに注目します。

関連記事:⇒ ロベルトレヴァンドフスキの年俸(年収)&経歴・学歴は?カーマニアで投資家・結婚は?|ワールドカップ2018

ヴォイチェフ・シュチェスニー(ポーランド代表GK)の嫁(結婚)と年俸・年収&経歴は?

グジェゴシュ・クリホビアク(ポーランド)の年俸・年収&経歴とプレースタイル・彼女や結婚は?

ポーランド代表・アダム・ナバウカ監督の年俸と経歴&Wikiプロフィール・家族や戦術は?

スポンサーリンク

ピオトル・ジエリンスキの経歴とプレースタイルは?

ピオトル・ジエリンスキ選手の経歴やプレースタイルの紹介です。

・名前: ピオトル・ジエリンスキ

・生年月日: 1994年5月20日(24歳)

・出身地: ポーランド・ゾンプコヴィツェ・シロンスキエ

・身長:  177cm

・体重:  64kg

・現所属チーム:イタリア・SSCナポリ

・ポジション: MF

・利き足:  右足

ピオトル・ジエリンスキ選手がサッカーをはじめたのはごく幼いときからで、2人の兄弟と一緒にサッカーをはじめました。そして、8歳のときに、ピオトル・ジエリンスキ選手の父親がコーチを務める地元のクラブに入団しました。

ピオトル・ジエリンスキ選手のプレースタイルですが、主に中盤を任せると力を発揮する選手です。その理由はトータルバランスにすぐれ、視野が広いこと。

それで、ポジションとしては、インサイドハーフ、トップ下、ボランチとしてプレーすることが多いですね。

さらに、推進力という面でも、カウンターのリスクを恐れず、チャンスとみると前へと突き進む能力と思い切りに長けた選手です。

その一方で、そのパス回しのセンスの高さでも知られ、細かいパスやドリブルでタメを作りつつ、チャンスと見るや縦パスとその持ち味のひとつミドルシュートで決定的な場面を演出する能力があります。

スポンサーリンク

ピオトル・ジエリンスキの年俸(年収)は?

そんなピオトル・ジエリンスキ選手の年俸ですが・・・ その市場価値はうなぎのぼりといって良いでしょう。

現在の年俸は、約3億円です。

また、その市場価値は、2250万ポンド(約34億2000万円)といわれています。

何せまだ24歳です。今後、その市場価値と年俸は間違いなく上がっていくでしょう。

スポンサーリンク

ピオトル・ジエリンスキの彼女&結婚は?

ピオトル・ジエリンスキ選手は結婚はまだしていないものの、長年付き合っている彼女がおり、婚約者とも噂されています。

彼女の名前は、ローラスローアックさんといい、イタリア人でモデルとして活動しています。

Laura Słowiakさん(@lauraslowiak)がシェアした投稿

出典元:Instagram

綺麗な方ですね。

Laura Słowiakさん(@lauraslowiak)がシェアした投稿

出典元:Instagram

ピオトル・ジエリンスキ選手とローラスローアックさんは、いつも一緒にいるところが目撃されており、バケーションに共に出かけたり、様々なパーティーに一緒に姿を見せているので、近い将来、結婚報道があるかもしれませんね。

ピオトル・ジエリンスキ選手に関するまとめ

その市場価値や年俸、タレントからポーランドという国を見る場合、ついエースストライカーであるロベルト・レヴァンドフスキ選手に目が行きがちですが、ピオトル・ジエリンスキ選手の存在、忘れられませんね。

まだ24歳ですので、今後どう化けるのか非常に楽しみな選手ですね!

関連記事:⇒ ロベルトレヴァンドフスキの年俸(年収)&経歴・学歴は?カーマニアで投資家・結婚は?|ワールドカップ2018

ヴォイチェフ・シュチェスニー(ポーランド代表GK)の嫁(結婚)と年俸・年収&経歴は?

グジェゴシュ・クリホビアク(ポーランド)の年俸・年収&経歴とプレースタイル・彼女や結婚は?

ポーランド代表・アダム・ナバウカ監督の年俸と経歴&Wikiプロフィール・家族や戦術は?

Sponsored Links



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする