ポーランド代表・アダム・ナバウカ監督の年俸と経歴&Wikiプロフィール・家族や戦術は?ワールドカップ2018ロシアH組

いよいよ始まるワールドカップ2018ですが、日本と同じH組で戦うポーランドの代表監督のアダム・ナバウカの年俸、経歴などのプロフィールや戦術を紹介します。

スポンサーリンク

ポーランドの代表監督・アダム・ナバウカの年俸&WIKIプロフィール・

ポーランドの代表監督のアダム・ナバウカのプロフィールをご紹介します。

名前:アダム・ナバウカ

生年月日: 1957年10月23日(60歳)

出身地:  ポーランド・クラクフ

身長: 181cm

アダム・ナバウカ監督の父親もサッカー選手でした。

そんな環境下で育ったアダム・ナバウカは、1970年にウィスラクラクフ(クラブチーム)でサッカー選手としてのキャリアをスタートさせます。


ポーランドの国内リーグでは、190試合に出場し、9得点を記録しました。

ポジションはミッドフィルダー(MF)でした。

しかし、脚の怪我に泣かされ、やがて現役を引退することに・・・。

その後、1985年に仕事に就くため米国に渡り、1989年にポーランドに帰国します。 

1995年に、コーチング資格を取得し、その後はコーチや監督として活動してきました。

ちなみに、現役時代、ポーランド代表チームにも加わり34試合に出場を果たしています。1978年にはFIFAワールドカップアルゼンチン大会に参加した経験もあります。

そんなアダム・ナワルカが、ポーランドを代表監督としての契約を結んだのは2013年のことで、契約期間は、2018年ワールドカップ(W杯)終了までとなっています。


アダム・ナバウカが監督として残してきた実績は、ポーランド代表をユーロ2016年の準々決勝に導き、グループステージで7ポイントを獲得し、強豪スイスを破ったこと。


アダム・ナバウカ監督のスタンスは、終始、楽観主義でありつつも、徹底的に結果にコミットメントする点。チームの選手の短所ではなく、長所に注目しそれを引き出すタイプの監督です。

アダム・ナバウカ監督曰く、今のポーランド代表は「チームとして、多くの進歩を遂げ、現在、精神的、戦術的にもフィジカル面でも良い準備を終え、非常に高いレベルにある」とのことです。

監督とポーランド代表の選手たちの間にある一致や信頼関係から織り成す秩序あるプレーは、日本代表にはとっては、脅威ですね。

ちなみに、得意なフォーメーションは、4-4-2です。

また、アダム・ナバウカ監督の年俸は、26万8000ユーロ(約3500万円)です。しかし、ポーランドの平均年収は100万円といわれ、それを考えれば、アダム・ナバウカ監督の年俸はかなりの高給ということになります。

スポンサーリンク

ポーランドの代表監督のアダム・ナバウカは苦労人! 家族は?

ポーランドの代表監督のアダム・ナバウカは、現役時代、多くのサッカー選手と同様に怪我で引退を余儀なくされました。

引退後は経済的に苦労したため、妻のKatarzynaさんも仕事をして家計を助けるためハウスクリーニングや木の伐採など様々な仕事をして家計を助けました。ちなみに今でもアパレル関連会社で働きつつ、エアロビクスのクラスを経営しており、ビジネスが好きなことが分かります。

一方、夫であるアダム・ナバウカ自身も、現役引退後は、車や化粧品のセールスの仕事をしたりと、サッカーにかかわることができず、生活に苦労する時代がありました。

しかし、アダム・ナバウカは将来コーチとしてそして監督として活躍したいという夢を持っていました。そのため余暇を利用してサッカー選手のトレーニングを見たり、コーチングになるべく勉強を欠かしませんでした。

そして、前述のように、ついに1995年にコーチング資格を取得し、その後コーチそして念願の代表監督に就任しました。

ですので、かなり苦労された方なんですね。逆に色々な社会人としての経験を積んでおり、それが今の代表監督業にも生かされているといえるでしょう。

ある意味、現役を引退後、単にサッカーにかかわるだけでなく、様々なビジネスに従事したりと苦労を経るのは、バランスのとれた見方や考え方を持つことができ、良いのかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

ポーランドの代表監督のアダム・ナバウカ氏は、サッカーを熟知しているだけでなく、くぐってきた苦労から選手の指揮に関しても、高い人間力を発揮しそうな気がします。

アダム・ナバウカ監督がどんな采配をして、日本代表の前に強敵として立ちはだかるのか注目ですね。

関連記事もどうぞ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする