川崎宗則・引退後の収入どうする予定(どうなる)?コーチかタレントか?年収は・・・

福岡ソフトバンクの川崎宗則選手が、電撃引退!のニュースが流れました。ファンの衝撃は大きく、「何となく引退では?」と思っている人も多かったとも思いますが、やはりショックですね。

で、川崎宗則選手の引退後、今後どうする(どうなる)? コーチか解説者かタレントか?その場合には年収は?ということですよね。

関連記事 ⇒ 川崎宗則・引退の本当の理由とは?アキレス腱痛と心の病だった?

スポンサーリンク

川崎宗則選手の引退後、今後どうする(どうなる)?

ひとことでいえば、ソフトバンクが川崎宗則選手を手放さないでしょう!

2017年に米球界から日本に復帰した際にも、王会長は「リーダーシップを発揮してくれる存在」としてムネリンこと、川崎宗則選手を高く評価していましたし、実際に、日本球界に復帰するや、くすぶっていたソフトバンクの成績も上向きとなり、結局は優勝を果たしました。

その原動力となったのが、川崎宗則選手の存在のはず。

あれだけ、チームにとって活気や元気をもたらしてくれる存在となると”唯一無二”といっていいでしょう。

ですので、川崎宗則選手さえ合意すれば、まずソフトバンクは「コーチ就任」を依頼するはず・・・

あるいは、裏方の球団スタッフか・・・ 「いや、これはないでしょう」と個人的には思います。

川崎宗則選手のように、明るいムードメーカーは、裏方という感じはしません。あとは、あれだけの知名度と人気の高さ・・・ むしろタレント転身の方が現実身があります。

実際、色々な番組に出ていますよね。そういえば「ダウンタウンなう」にも出演していたことがありましたが、一野球選手で、こういったバラエティ番組のゲストにひとりで呼ばれるというのは、冷静に考えると少ないですよね・・・

つまりそれだけ、川崎宗則選手は、一タレントとしてキャラが立っている・・・ 見たいと思っている視聴者が画面の向こう側にいると分かっているから制作者側が出演オファーをするわけですよね。

スポンサーリンク

川崎宗則がコーチになると年収は?

コーチになると年収は?という話ですが・・・

現役時代に仮に高いサラリーをもらっていた一線級の選手でも、コーチになれば年俸は約1000万円が相場といわれます。 仮に二軍コーチだった場合には、せいぜい800万円の年収があればいいともいわれます。

しかも、意外とコーチは激務です。

川崎選手には当てはまらないかもしれませんが、一般論ですが、もし仮に地方球団のコーチ就任となると、自宅から離れて、本拠地近くに部屋を借りて、単身赴任生活を送る必要がでます。

さらに、二軍コーチに就任している場合には、選手より先に球場に行き、選手の居残り練習で遅くまで付き合って、最後に片付けをして帰りは夜10時過ぎなんていうのがザラな生活です。

もちろん、一軍のコーチになれば、移動時のスーツなどの支給もあり、選手との飲み代なども領収証で精算できる「おいしさ?」もあります。また、コーチになると、食事なども球団が面倒を見てくれる利点などもあります。

もちろん、お金持ち球団のソフトバンクのこと・・・

コーチにしても、金銭面や福利厚生面でより手厚いサポートを受けられる可能性が高いでしょう。ですので、コーチだとしても、年収は2000~3000万円くらいもらえる可能性も高いかと・・・

でも、現役時代に稼ぎ出していたお金よりは、はるかに少ない金額しか稼げないのもコーチだと思います。

スポンサーリンク

川崎宗則選手・引退後はコーチor解説者orタレントか?

で、ここからは勝手に予測してみるんですが、川崎宗則選手の引退後はどうするの(どうなるの)?ということなんですが、コーチや裏方は無いんじゃないかと思います。

あの独自性の高いキャラを生かして、「スポーツキャスター(リポーター含む)」のような独自のポジションを築きそうな気がします。

性格が明るいですし、「誰からも愛される」(←今の時代ここが大事だと思う・・・)ので、テレビ出演のオファーも多そうな気がします。

その出演も、たとえば報道番組の中のスポーツコーナーなどでのリポーターやスポーツキャスターとしての出演(今からイチロー選手に単独インタビューして、川崎選手とイチロー選手の関係性でないと引き出せない話を引き出しているキャスター川崎さんの姿が想像できます)、バラエティ番組等々、多岐にわたりそうな予感がします。

むしろ、そういった道の方が、川崎選手のキャラや持ち味は生かせそうな気がします。しかも、現役時代よりも、稼げそうです。家族がいる以上お金の部分も大切ですよね。

その場合は、どこかの事務所に所属しての活動になるでしょう。もし、視聴者からのニーズにはまれば、数千万円あるいは億の年収も狙えるかも?しれません。

スポンサーリンク

数多のプロ野球選手の中で川崎選手が恵まれている理由

プロ野球選手の平均引退年齢は29歳といわれます。そもそも論で、そこを基準にして考えれば、川崎宗則選手は、「超」が付くほど恵まれているんですよね。

なにせ、日本球界にとどまらず海を渡り、メジャーリーグでも人気を博し(記録より記憶の選手でしたね)、ついでにいえばマイナーリーグも経験するなど、野球人としてはありとあらゆる経験ができたわけですよね。

プロ野球選手の多くは、だれにも気づかれることなく、ひっそりとユニフォームを脱ぐのが実情ですからね。テレビやマスコミなどで取り上げられる「引退試合」まで行ってもらえるような選手は、ごくごく一握りなわけですよね。

つまり、今の日本では男性の平均年齢は80歳を超えている時代・・・プロ野球選手の場合、平均引退年齢で引退したとすると、それからほぼ50年は生きる計算

すると厳しいセカンドキャリアの道が待っているわけですね。

ですので、”川崎宗則選手はかなり!!恵まれている”と思います。

おそらく、やろうとすれば、コーチ(そもそもソフトバンクから依頼がありそう)でもタレントでも出来ると思います。その他多くの野球選手はやりたくても、コーチの依頼がなかったりします。

スポンサーリンク

川崎宗則選手の行く道はこれかな?と予想してみる

今後の川崎宗則選手のセカンドキャリアですが・・・

繰り返しになりますが、個人的にはやはり、スポーツキャスター、リポーターやタレントの道が向いているんじゃないかと思います。 川崎選手の良さが生かせるような気がします。

また、コーチになるにしても、川崎選手の場合、選手兼任でもないですし、コーチとしての経験値もなくまだ若いような気もします。つまり年齢面でももう少し時を経た方が、コーチとしてもよりタイミングが良いのでは?と期待しています。

そして、そもそも「コーチ就任を前提に」という意味では、指導者としての”野球道”をこれから勉強しないとダメなんじゃないでしょうか?

ちなみに、現在日本ハムの監督を務めている栗山英樹監督も、現役引退後は、コメンテーター、解説者やスポーツキャスターとして活躍していました。

川崎選手は栗山監督とはタイプが全く違いますが、タレントやスポーツキャスターとしての活動という意味では、比較的同じ方向で活動するんじゃないかと予想しています。

これは、さらに追記になりますが、川崎選手の引退が、自律神経の病気に起因していることが発表されました。恐らく、自律神経失調症ではないかと思います。

ですので、投薬や通院も必須になっていると思います。まずは、心身とも癒して是非セカンドキャリアを花を開かせてほしいな~と思います。

いずれにしても、川崎宗則選手の場合は、これだけファンや関係者に愛されるのは、「持っている」男なんでしょうね♪

今後、少し休息しての活躍に大いに期待したいですね。

関連記事 ⇒ 川崎宗則・引退の本当の理由とは?アキレス腱痛と心の病だった?

川崎宗則・引退後の収入どうする予定(どうなる)?コーチかタレントか?年収は・・・

こちらの記事も読まれています!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする