阪田マサノブ・wiki風プロフィール&性格は?趣味はプロレスの素顔とは|スニッファー嗅覚捜査官3/21

阪田マサノブさんといえば、バイプレイヤーとして数々の作品に出演されています。その一度見ると忘れられない独特の風貌と雰囲気は、「やはり映画やドラマになくてはならない」と思わされます。(スニッファー嗅覚捜査官3月21日)

竹井亮介さん(@takeiryosuke)がシェアした投稿

メガネをかけたり、メガネの種類だけで雰囲気がガラッと変わり、役柄も比較的個性的なものが多いこともあり、その印象は「カメレオン俳優」という気がします。

スポンサーリンク

阪田マサノブのWiki風プロフィール

阪田マサノブさんのWiki風プロフィールをご紹介します。

本名: 坂田 雅信

生年月日:1965年3月13日

出身地: 大阪府

血液型:  B型

阪田マサノブさんは、早稲田大学第一文学部を卒業されています。個人的には、早稲田大学第一文学部に在籍していた時点で、すでに役者としてのスペックというか・・素養が備わっているような気がします。

アキさん(@aki4949)がシェアした投稿

その早稲田大学第一文学部に在籍していた役者(役者に限りませんが)は大物ばかりです。一例をあげるだけでも、松本 幸四郎さんや堺 雅人さんがいます。しかしこのお2人は大学を中退されています。

また、ラサール 石井(除籍)、作家の村上 春樹さん、ジャーナリストの田原 総一朗さん、
華道家の假屋崎 省吾(かりやざき しょうご)さんなども、OBです。

もうそうそうたる顔ぶれです。しかも皆さんその分野をすでに極めた方ばかりです。

阪田マサノブさんも、当然ながらこれらOBの方たちが、早稲田大学第一文学部に在籍&卒業されていることを知っていたはず。やはり、吸い寄せられるようにして同校に進学されたのかもしれません。

ですが、阪田マサノブさんは同校在籍中に「劇団東京ヴォードヴィルショー」に入団し、なぜか同劇団の同期生・前田真之輔さんとコントのコンビ「Z-BEAM」を結成します。

そもそも、当時の相方の前田真之輔さんは、演劇よりお笑いにもともと興味があり、「劇団東京ヴォードヴィルショー」に入団したいきさつも、「笑いのある芝居」をやっていたから・・・という動機でした。

といいつも、別の動機は、当時、”入所金が不要だったこと”と”佐藤B作さんが座長を務めていたから”ということもあったそう。佐藤さんは、業界の中で評価の高い方ですね・・・

話を戻して、阪田マサノブさんは、そんな相方・前田真之輔さんとコンビを結成するも、4年後の1992年に解散。

その後、1993年には、”たくみふぢお”さんと「ジバ(後のPART TIMEガンジー)」を結成するも4年後の1997年に解散。さらにその後”吉見幸洋”さんとコンビ「GO・JO」を結成するもやはり解散しました。

こう見ると、阪田マサノブさんは大体4年ごとにターニングポイントがあり、さらにお笑いに結構真剣に向き合っていたことが分かります。お笑いの道で本気で生きていきたかったんですね。

スポンサーリンク

阪田マサノブさんの性格は?格闘技好きで正義漢?

阪田マサノブさんのSNSをチェックすると、それほど意外ではないかもしれませんが、とにかく格闘技系のネタが多さが印象的。実際に、ご本人の趣味のひとつが「格闘技観戦」なので不思議ではないかもしれません。

たとえば、プロレスラーの武藤敬司さんの最後のムーンサルトの動画をリツィートしていたり、中邑真輔さんや、UWFインター、高田道場などのキーワードの出現率高しです。

いわゆるストロングスタイルのプロレスを愛しているようですね。また、ボクシングの山中慎介選手に関する話題も多く、ボクシングもかなり深い部分を見ておられるようです。

でも、プロレスなどもある意味「演技の格闘技」ともいえるかもしれないので、阪田マサノブさんもそんな部分からヒントを得て演技に落とし込んでいる部分もあるのかもしれませんね。

また、その性格は実直で正義感が強い感じがします。たとえば、ボクシングの山中慎介選手が対戦相手の故意の体重過多により敗北した試合に関しても、その行為をはっきりとおかしいと仰っています。

でも、この試合はたしかに誰しもが同じことを思うかもしれませんね・・・

スポンサーリンク

阪田マサノブさんは結婚している?独身?

そんな阪田マサノブさんは結婚しているのでしょうか?この点に関しては、全く情報がありませんでしたが、SNSなどを見る限りでは独身の可能性が高いかと思います。

その内容の多くは格闘技観戦、格闘技系の雑誌の内容紹介、芸能などの考察だったりします。

この点に関しては、また情報は出次第、追記していきます。

まとめ

阪田マサノブさんは、その演じる役柄とも似て、以前はミステリアスな部分も多い印象でした。

しかし、プロレスや格闘技をこよなく愛し、お笑いの道を目指したことのある方でした。

ご本人、かなり腰痛に苦しんでもおられるらしく、定期的にブロック注射を受けつつ、活動されているようです。俳優という職業もかなり過酷な部分や肉体を酷使する部分もあるので、是非身体には気をつけつつ、さらに活動の幅を広げて頂きたいですね!

阪田マサノブさんのこれからの活躍を楽しみにしていきたいですね♪

阪田マサノブ・wiki風プロフィール&性格は?趣味はプロレスの素顔とは|スニッファー嗅覚捜査官3/21

こちらの記事も読まれています!



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする