熊本城・桜2018のライトアップ時間とオススメ花見スポットとは?

「日本さくら名所100選」にも選ばれている「熊本城」の桜は必見の美しさです!とくに「熊本城」は日本名城の一つにも数えられていて、その壮麗な「熊本城」の景色と咲き誇る桜のコントラストは行ってみて納得の美しさですよね♪

「熊本城」は、戦国時代の名将・加藤清正が、慶長6年から7年間の歳月を費やして完成させた城です。周囲は5.3キロに及び、その迫力ある造りは、見ごたえがあります。

各地の花見情報はコチラ ⇒ 醍醐寺の桜・早咲きの醍醐味とは?ベストの見ごろは?

大村公園の桜まつり屋台&出店は?アクセス&駐車場は?

熊本城の桜まつり「桜の小路」のオススメのおみやげ&グルメ7選!!

角館の桜まつり2018・駐車場&屋台の種類は?オススメ時短散策コースも

スポンサーリンク

熊本城の桜とは?熊本城も一見の価値がある理由

熊本城には、約800本の桜の木があります。その種類ですが、主に「ソメイヨシノ」と「ヤマザクラ」、「ヒゴザクラ」そして「シダレザクラ」となります。

また、桜見物はもちろんのこと、そもそも「熊本城」は、たとえ城好きでなくても、固定概念や思い込みなしに、是非一度は訪問していただきたい城です。

過去存在した、日本の名城といわれる城ももはや存在していないものも多く、「史実」としてしか知る由のない城も多いですよね。

その点、「熊本城」は、武将・加藤清正が自身の実戦の経験をフルに生かし、7年もの年月をかけて築城したもの・・・120以上の井戸が掘られ、当時は、櫓門は18、櫓は49、城門は29カ所もありました。

名城の条件のひとつは、その防備力(攻めにくさ)ですが、その観点から見ても「熊本城」は、名城といえます。あちこちにトラップのように仕掛けられた敵を幻惑させる作りは、さすが、戦場を知る、加藤清正の力作といってもいいでしょう。

「熊本城」を訪れる際には、桜見物ももちろん、そんな時代に思いを馳せる機会にもなるかもしれません♪

なお、2018年1月現在、「熊本城」は地震により被災の影響で、多くの部分が立ち入ることができませんが、二の丸広場や加藤神社は入ることができます。

最新情報は、公式ホームページを参照なさってください ⇒ 「熊本城」公式ホームページ

スポンサーリンク

「熊本城」の桜2018年・見ごろは?

2018年1月後半現時点での予想では、西・東日本の気候は、3月前半までは低気圧や寒気の影響で気温の低い日があり、つぼみの生長はゆっくりとしたペースが見込まれます。

しかし、3月後半からは暖かい日が増え、一気に開花に向かい、昨年に比べて少し早め、今年は例年並の開花のところが多いと予想されています(参考元:ウェザーニュース)。

それを踏まえて、2018年、「熊本城」の桜の開花予想日ですが、3月22日(ソメイヨシノ)との予想がでています。

一般的に、桜は開花後、約1週間ほどで満開となります。また、満開になると、1週間くらい花を開き続けます。

これを前提に考えると、予想とおりの3月22日に開花した場合、3月29日が満開となり、そこから1週間位開花し続けると考えられます。3月31日と4月1日が週末なので、見ごろになっていると予想できます。

もちろん、開花しても風や雨の影響があれば、桜の花は散ってしまう可能性があるので、ある程度天候が安定していればという前提ではありますが、予想通り、桜の花見物を楽しめるとイイですね!

スポンサーリンク

夜桜を楽しめるライトアップは?

「熊本城」で是非楽しんで頂きたいのが、夜桜見物。「熊本城」では、桜の花見シーズンは、夜間も開園しています。

ですので、ライトアップを楽しむことができます。ライトアップの期間ですが、桜の花の開花に合わせて、3月下旬から4月上旬にかけて行われます。

また、ライトアップの時間日没から23時ころまでです。

スポンサーリンク

熊本城・オススメ見物スポット&花見の場所取り

残念ながら、震災の影響で「熊本城」は全面開放はされておらず、”二の丸広場”や”桜の馬場城彩苑”あたりが、オススメの見物スポットとなります。

とくに二の丸広場は、「熊本城」の天守閣を見上げながら桜を見て楽しめ、写真にもおさめらるオススメの撮影ポイントです。

また花見の場所取りですが、毎年、二の丸広場周辺は大勢の人で賑わい、ブルーシートを広げ、思い思いに弁当箱を広げたり、仲間や家族と宴会を楽しむ光景を目にします。

燕子さん(@ssica_26)がシェアした投稿

しかし、以前とは違い、年々の観光客の増加で、ある程度覚悟を決めて早めに場所とりをしないと、確実に場所を取れづらくなってきています。8時半ごろを目指して行ってみた方がいいかもしれません。

少し気合いを入れて早めに現地に到着し、場所さえ取れれば、あとはゆっくりと楽しめますからね♪

スポンサーリンク

「熊本城」へのアクセス

「熊本城」へのアクセスをご紹介します。

熊本城の所在地: 熊本県熊本市中央区本丸1−1

熊本駅からバスでアクセスする場合

熊本駅 ⇔熊本城の間を結ぶ「熊本城周遊バス しろめぐりん」を利用します。

運行時間: 熊本駅前 始発午前9時から最終午後5時までの20分間隔運行(正午から午後2時台は30分間隔で運行)

運賃: 均一料金    大人150円、小人80円
周遊1日乗車券 大人400円、小人200円

ルート: しろめぐりん公式ページを参照ください。 ⇒ http://www.shiromegurin.com/

車でのアクセス

二の丸駐車場と三の丸第二駐車場を利用できます。時期により営業時間が異なるので注意してください。

二の丸駐車場

駐車料金: 普通車 2時間まで200円(以降1時間ごとに100円追加)

営業時間: 4月~10月 午前8時~午後6時半、11月~3月 午前8時~午後5時半

三の丸第二駐車場

駐車料金: 普通車 2時間まで200円(以降1時間ごとに100円追加)

営業時間: 4月~10月 午前8時~午後6時半、11月~3月 午前8時~午後5時半

スポンサーリンク

まとめ

「日本さくら名所100選」のひとつ・・・「熊本城」の桜を是非見て楽しみたいものですね!

桜の花はその背景が何かで、雰囲気がだいぶ違ってみえますよね。桜と城の組み合わせは歴史の重みも感じられ、まさに「王道」ともいえますよね!

是非、「熊本城」の桜見に足を運んでみましょう!

まだ間に合う!!桜前線の日帰り観光ツアーもどうぞ♪♪

▼日帰りお花見ツアー(屋形船クルーズ&バスツアーなども)▼

   ↓↓↓↓↓↓ 

東京の桜の花見情報はコチラ ⇒ 靖国神社の桜祭り・アクセスと桜見ごろ&屋台の種類は?

上野恩賜公園桜まつり・屋台時間と桜の種類&ライトアップは?

井の頭恩賜公園の桜・夜桜ライトアップ&穴場見物スポットは?

六義園のしだれ桜見頃・ライトアップ時間&混雑回避情報

関東の桜の花見情報はコチラ ⇒ 三浦海岸で河津桜見物!見ごろ&駐車場は?

宮城野早川堤の桜・アクセス&駐車場と見ごろとは?

千葉県の花見穴場スポット・夜桜見物できる公園10選

千葉県・桜の本数で選ぶ花見スポットランキングTOP10【永久保存版】

関連記事もどうぞ



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする